[ Mobile ] [ トップへ トップへ ]

Dialy BBS

Name Mail
Title URL
Icon   Color
WriteKey 数字で入力⇒

No.149 第4章「翌日」 返信
[ 2009/01/15(Thu) 22:37:16 ] Kyouno@GM
クロウが用事を終えて戻ってきた。

GMより
特にアクションが無ければ次へ進みます。
No.150 朝飯
[ 2009/01/17(Sat) 00:07:38 ] クロウ
 朝さっみぃ。
「おはよう。」
 朝飯はまだか。そも食わせてもらえんのかどうか。

「こんなのが捨ててあったぜ。」
 キャサリンにマヨケの書き損じを投げて渡した。
「他にもいろいろあったが重いんでやめた。
 押しかければ面白いもんが見れるんじゃねえかな。」

PLより:
 あさごふぁんにします
No.151 ブレクファスト
[ 2009/01/17(Sat) 08:44:16 ] Kyouno@GM
==果物のスバ==

「おう、終わったのか。」
プレート一杯に朝ごはんのオレンジとサンドウィッチを持ってきたスバが言う。

「これは・・・なるほど、
 全て奴らのチャチな手作りだったって訳ね、
 ありがとう、これだけで十分だわ、
 あとは私なりに頑張ってみる、ありがとう。」
そう言うと彼女は1000ガメルを各冒険者に渡した。

GMより
講演会開始=老人達が事務所に集まる
まであと3時間ぐらいです。
No.154 終焉かの?
[ 2009/01/18(Sun) 06:43:50 ] セルケト・ソラ
「これで仕舞いか?」

ゆっくりと顔を出した太陽からの日差しを浴び欠伸交じりに誰にとも無く呟く

「一応見届ける方がいいのかね?」

二人に問いかける
No.155 Re: 第4章「翌日」
[ 2009/01/18(Sun) 09:15:17 ] クロウ
 依頼人は満足したらしい。

 見届けるかというセルケトの問いに、
「さあな。」
と応えてジュリアを見た。
No.156 Re: 第4章「翌日」
[ 2009/01/19(Mon) 11:00:42 ] ジュリア
「いいんじゃないのか?
 依頼人が充分というのなら、もう、長居する理由はないだろう。」

クロウの視線にそう答えた。
No.157 それならば
[ 2009/01/19(Mon) 16:09:06 ] セルケト・ソラ
「後はこの村の人間に任せて某達は戻るとしようか」

クロウとジュリアを見て

「それでは、良い結果が出るよう祈っているよ」

荷物を纏め、旅立ちの準備をする
No.158 了解
[ 2009/01/19(Mon) 18:04:27 ] クロウ
 んじゃあ帰りますか。サンドイッチウマー。
「"運び屋"の仕事も残っているしな。」
 アーニーは確か早ければ早いほどいいとか言ってたしな。

 荷物をまとめて出発することにした。
「スパ、アーニー行きの"モノ"はどれだい?」
No.160 結果
[ 2009/01/22(Thu) 20:54:07 ] Kyouno@GM
>「スパ、アーニー行きの"モノ"はどれだい?」

「おぉおぉ、これだこれ。」
そう言うとスバは特別大きい籠を持ってきた。
「何やったかは知らんが、気をつけて帰れよ。」

冒険者達が帰ってきた時には、もう昼過ぎになっていた。
「おー!意外と早いなー!ほれ、報酬だ。」
そう言ってアーニーは600ガメルを渡した。
「すまんが、均等に仲良く分けてくれや、じゃあなー。」

3日後・・・
「やあ、クロウ君、探したよ。ちょっと来てもらっても良いかな?」と、男がギルドの符丁と共に話しかけてきた、

ギルド内
「天使の手袋から連絡があり、
 無断で商売をしていた連中が何者かに消され、
 更に金庫から稼ぎの多くが消えていたそうだ。
 現地調査したギルド員が聞いた証言を組み合わせたら
 お前という結論になった。
 さぁ、けじめはキッチリ付けてもらおうか。」

GMより
お疲れ様でした、
経験点は
ジュリア 850点
セルケト 800点
クロウ  825点です。

なお、クロウは横領したけじめとして、片手片足を失いました。
どちらが残ってるかは任意で良いです。
以後、敏捷度-12、器用度-12、動きが制限されるため、古代語魔法使用不可となります。
その他、各GMによってペナルティが課せられることがあるかもしれません。
あと、自分の利益のためだけに5人殺して金盗んだので、
最終日記にて悔いるような態度が無ければ、
マイリー神官の技能も剥奪します。
なお、盗んだ3万ガメルも没収します。

No.133 第3章「調査?」 返信
[ 2008/12/30(Tue) 09:22:00 ] 京の@GM
「・・・協力とは、何じゃ?」
ドアを開けてくれたゾードンが言う。


一方、クロウは事務所付近を調べていた。

窓や中が見えそうな所は全てカーテンが閉まっている。
だが、中から光が透っているからまだ灯りは灯っているだろうと思われた。

「ようし、今日はやめー!明日に備えて休むぞ!」
しゃがれた女性の声が聞こえる。

「さて、明日はいくら稼げるでしょうかね?」
老人の男性の声がする。

「何か食べに行こうかしら?
 でもこの村ってロクな店が無いわねー、
 早く指定金額以上貯めて次の所に行きたいわ。」
オネエ言葉の男性の声がする。

「ほほーい、ゼット様に喜んでもらえるー!」
中年の男性の声だ。

「お前ら!いい加減静かにしろ!」
迫力のある男性の声がする。

さっきのしゃがれた声の女性が続ける。
「さて、ついにわらわは明日で指定金額の十万ガメルを
 超える!そしてわらわはゼット様の右腕になるのだ!
 当然お前らも出世はするだろう!さあ、就寝!!」

 その声と共に照明が消える。


GMより
羽目板は簡単に取り外せます。そう警戒心も無いようです。
あと、年末年始は書き込みが出来ない場合があります。
ご了承ください。
No.134 ちょっと待ってくれ
[ 2008/12/30(Tue) 22:55:23 ] "色男"ジュリア [ Home ]
何だ、セルケトは外で待つのか。
では、私も・・・・

「夜分すまなかった。なんでもない。寝てくれ。
 扉を開けてくれてありがとう。悪かった。」
No.135 んじゃいんじゃい
[ 2008/12/31(Wed) 07:27:32 ] 京の@GM
ギィィィと扉が閉まる。
No.136 果報は寝て待てとね
[ 2008/12/31(Wed) 19:30:18 ] セルケト・ソラ
「ジュリアは何処に行くのか知らないが、某はあの木の下で家を見張る事にするよ」

事務所付近の木を指差し

「気が向いたら来るといい」

 暫くして

「結局来たのか」
苦笑しつつ 

「夜目は効くのであろう?ゆっくり待つ事といたそうか」

・・・
PLより
外で様子見待機ですわいやい
No.137 策敵
[ 2009/01/06(Tue) 21:09:51 ] クロウ
 ああ、なんだ。明日には出て行くのか。じゃあ別に放っといても構わん気がするんだが……10万ガメル放置したらあの依頼人は怒り出しそうだな。
 仕方ない、暫く様子を見て寝静まったところで入るか。おー寒い。



 ……そろそろか。ライトかかった銀貨を布に包みながら俺は考えた。
 んじゃ、お邪魔するぜ。
 さて、どこから探すか……?こいつら帳簿なんかつけてんのかな。つけてなさそうだなー。


PLより:
 床下から侵入、逃走しやすい箇所(事前に屋外を一周して調べたところにもとづき)の窓を開け放っておいて逃走経路を確保した上で、家探しします。
 まず金庫など10万ガメルの貯蔵場所を確認、鍵がかかってれば鍵の場所などを調査(さっと見つからなければすぐあきらめます)します。その上で、帳簿類など、金銭の出入りの証拠になりそうなものを中心に探すとします。違法性がはっきりしているものがあれば、痕跡を消して帰ります。
 必要とあらばライトの銀貨を布に包んで光が漏れないようにした上で、懐中電灯みたいな使い方をします。
▼(再度必要かわからないけど)忍び足
2D6 → 4 + 4 = 8 +7=15
▼聞き耳
2D6 → 2 + 3 = 5 +7=12

▼予備ダイス
2D6 → 6 + 1 = 7
2D6 → 4 + 5 = 9
2D6 → 4 + 6 = 10
2D6 → 4 + 1 = 5
2D6 → 4 + 2 = 6
No.139 中身
[ 2009/01/07(Wed) 08:35:24 ] 京の@GM
見つけた金庫には鍵穴が1つ付いていた。
周辺を探したが見つからない。

辺りを探していると、一つのペンと手帳が見つかる。
表紙には「エンジェルグローブ:計画」と書いてある。
中を見ると、

1ページ目には
「エンジェルグローブ 指定金額100,000ガメル!」
と書いてある。
次のページには、


42日目
スティーブ 奇跡のツボ×3、魔除け額縁×1 1700ガメル
ベス 奇跡のツボ×5 2500ガメル
という記述が延々と書かれていた。

次のページを開けば、
「41日目」という見出しにまた延々と記述が続く。

その横には3つのツボを見つける。
その横にはナイフがあった。
そして机にはケズリカスが散らばっている。
3つのうち2つにはシルクハットと「Lita Group」という
文字が彫られていたが、
1つには「Lita Gr」までしか彫られていない。
シルクハットは彫られていない。
その1つの壷には東方語で「エレミア・ゾーズ骨董品 4ガメル」と書いてあるシールが貼られていた。

その横には額縁とインクと紙があった。
数枚まだ額縁に入ってない「マヨケ」と書かれた紙がある。
その横に数枚何も書かれていない紙がある。
机にはインクのシミが付いてあり、
横のゴミ箱には紙がくしゃくしゃに捨てられている。
注意して取り出してみると、「マヨケ」の字が汚かったり
紙に汚れが付いていたりする物だった。


壁にはでかい紙に「目指せ10万ガメル!」と書いてある。

GMより
とりあえず見つけた中で十分な証拠になりそうなのを書きました。
一応これをどうするか?っていう選択だったりします。
No.140 Re: 第3章「調査?」
[ 2009/01/08(Thu) 17:27:26 ] クロウ
 うわー。あったらあったで面倒くせえな。
 とりあえずゴミ箱の失敗作を1枚失敬して懐にしまっておくか。

 さて、こいつらだが……我が主君はオラン国王が如きが下の英雄に甘んずる器に非ず、ましてやこんな寒村で英雄気取りになる必要はない。仇敵を討ち、凱旋を果たす―――あの御仁が本当に帰る気あるのかは疑問だが―――その為に今必要なのは金だ。兵も兵糧も金で動くからな。
 っつーわけで、君らには死んでもらおう。ギルドにも恩売れるし。


PLより:
▼追加行動宣言
・事務所周辺での聞き耳時点で、だいたい何人いるかわかりますか?わからないようでしたら、確認に(灯りを使わず)寝室をチラ見します。忍び足と聞き耳がさっきの達成値使えないなら予備ダイス使ってください。

▼確認
・「鍵穴がひとつついていた」のはわかりましたが、鍵はかかっていたのでしょうか?
・完全版ルールには記述はありませんが、寝ている連中の「喉笛を切る」ことで死亡相当ダメージを与えることは可能ですか?
・ギャロットを勝手にその他道具類の一部のつもりでいたんですが持ってていいですよね。だめならロープを適当な長さに切ってギャロット相当で使いますがいいですか。

以上の確認が取れたら次の行動に移ります。
No.141 返答
[ 2009/01/10(Sat) 21:01:16 ] 京の@GM
GMより
はっきりと声が違いますので分かるのは5人ですね。

>鍵はかかっていたのでしょうか?
かかっています。

>寝ている連中の「喉笛を切る」ことで死亡相当ダメージを与えることは可能ですか?
OKですが、−3の修正をお願いします。
失敗したら気づかれるかも。

>ギャロット
おkです。
No.142 処理行動
[ 2009/01/12(Mon) 20:34:26 ] クロウ
 準備は万端だな。
 暴れられると面倒だ。今回は"カタナ"でやらせてもらうぜ。

PLより:
▼行動宣言
  ●基本行動:寝室に侵入して全員を殺害
  ※知ってる顔が無いかは一応確認、あったらそこで止めてください。都度判断します。
  ※気付かれたらそこで止めてください。都度判断します。
  ●詳細宣言
・可能ならば首領格と思われるしゃがれた声の女の寝室を探し、音を立てないよう窓の掛けがねをはずす
  →首領格の女を殺害
  →同じ部屋で寝ている人間が他に居た場合、同様に殺害
  (寝ている状態で区別がつかなければ窓側から殺します)
  →首領格の女の服のポケット等、机の引き出し等から金庫の鍵を探す
    (見つからなければすぐあきらめます)
  →慎重に痕跡を消して退室
・男どもがいる部屋を探し出し、音を立てないよう窓の掛けがねをはずす
  →窓側から順に殺害
  →慎重に痕跡を消して退室
・居住可能性のある全室の扉を開き、生存者の有無を確認
  →生存者を発見した場合、人数・様子によって都度判断します
No.143 判定
[ 2009/01/12(Mon) 20:40:19 ] クロウ
PLより:
ダイス忘れてた

首領格の女
忍足 2D6 → 2 + 1 + (7) = 10
聞耳 2D6 → 3 + 5 + (7) = 15
殺害 2D6 → 3 + 4 + (7) = 14
探索 2D6 → 6 + 5 + (7) = 18

男ども
忍足 2D6 → 5 + 2 + (7) = 14
聞耳 2D6 → 3 + 6 + (7) = 16
殺害 2D6 → 5 + 4 + (7) = 16
殺害 2D6 → 1 + 6 + (7) = 14
殺害 2D6 → 5 + 3 + (7) = 15
殺害 2D6 → 1 + 3 + (7) = 11

予備ダイス
2D6 → 1 + 2 + (7) = 10
2D6 → 1 + 3 + (7) = 11
2D6 → 5 + 1 + (7) = 13
2D6 → 5 + 4 + (7) = 16
2D6 → 1 + 1 + (7) = 9
2D6 → 2 + 6 + (7) = 15
2D6 → 4 + 1 + (7) = 12
2D6 → 3 + 6 + (7) = 16
No.144 完了
[ 2009/01/13(Tue) 20:20:00 ] 京の@GM
5人は全員同じ部屋に寝ていた。
クロウは、リーダー格の女に刀を突き立てる。
女は声も出さずに一瞬で逝く。

その後もクロウは見事な手さばきで部下を殺めていった。
そして、最後の一人が終わった。

女のポケットから、金庫の鍵が見つかる。

建物の部屋は全部探したが、他の生存者は見つからなかった。

GMより
頼むから1ゾロ振ってくれ・・・orz
まさか夜中の内に終わらせるとは思ってなかったw
No.145 No Title
[ 2009/01/13(Tue) 22:20:50 ] クロウ
 おいおい雑魚寝かよ。まあいいけどさ。窓の外に……おや、若とジュリアは2人で寒い中突っ立ってるのか。少し急いだ方がいいか。
 頸動脈傷つけねえように気をつけないとな。後始末が面倒くせえ。

 で、これで全部か?思った以上にちょろかったな。んじゃ、ついでの仕事しとくか。
 金庫の鍵はこれだな。

 とくと中身をごろうじろ、ってな。


PLより:
だって、寝てるうちにやっちゃった方が楽じゃないっすか!w
▼行動宣言
・金庫あけて中身を確認。ざっくり10万ガメル近くあるようなら3万ばかしいただきます。
  ※厳密に数えませんが、端数があるとPL側事後処理が面倒くさいので3万ってことでお願いできますか。
・金庫をしめて鍵を掛け、鍵はもとどおり女のポケットに戻しておきます。
・痕跡を消し、裏口の掛け金を外した上で、侵入と同じ経路で脱出します。
No.146 No Title
[ 2009/01/15(Thu) 20:52:54 ] 京の@GM
GMより
・・・マジで良いの?
うわー、かなりやられた・・・。
No.147 Re: 第3章「調査?」
[ 2009/01/15(Thu) 20:54:36 ] 京の@GM
・・・まぁヘッポコーズにも留守番電画があったし、

No.99 第2章「出会い」 返信
[ 2008/12/08(Mon) 22:22:10 ] 京の@GM
冒険者達が到着した時には既に夕日が沈みかけていた。
地図を見ながら歩いていくと、イチゴの絵が描かれた看板が目に入る。
その下にはかごに入られた果物が並んでいた。
「おぉ!良く来てくれたなぁ!あんたら冒険者だろ!ついでに言うとアーニーのツカイだろ!」
奥から現れたそこそこ年配のドワーフが叫ぶ。

「いや、もうアーニーに渡す分はキチンと取ってあるんだけどなぁ、
キャサリンの方から話あると聞いた。ほれ、出て来いキャサリーン。」
奥からドワーフとは対照的な少女が出てくる。
「あなた達が冒険者さん?私の名前はキャサリン。
 はるばるオランから来てくれてどうもありがとうございます。
 早速ですが本題に入ります。
 エンジェルグローブの村の家々に変なチラシが入ってき たのは約二週間前です。
 そう言ってキャサリンはポケットから折りたたまれた羊皮紙を取り出す。そしてそれを広げて冒険者に見せた。
No.100 Re: 第2章「出会い」
[ 2008/12/08(Mon) 22:22:38 ] 京の@GM
==============

「リタ・グループ」主催、

最近不幸にはなっていませんか?
何もかも上手くいっていないという事はありませんか?
残りの人生、優雅に過ごしたいとは思いませんか?
老後の生活、充実させたいとは思いませんか?
これは皆さんに教える、人生を楽しく生きるヒントです。
入場無料!

今、特別になりたいあなたへ・・・・

講演「スペシャル・アンビシャス」
講師:フェニー


            会場:リタ・グループ事務所
             住所★★★-×○※%

※なお、このイベントの参加者は65歳以上に限らさせていただきます。※

================

「ね、あきらかに怪しいでしょ?」
キャサリンがあきれた顔で言う。
「でもおじさん最近賭博とかで酷く貧乏になっちゃってね、
藁にも縋る思いで行ったの。
・・・その後は酷かったわ。
変な壷や絵が増えたり、おじさんがそこを通る度に手を合わせたり変な呪文みたいな言葉を言ったり、
とにかくおかしくなっちゃったの。
その『リタ・グループ』を調べようと思っても
入らせてくれない、どうしたら良いとおもう?」

GMより
ここから調査パートに入ります。
No.101 Re: 第2章「出会い」
[ 2008/12/09(Tue) 15:00:19 ] "色男"ジュリア [ Home ]
>「ね、あきらかに怪しいでしょ?」

キャサリンのあきれた顔とはうらはらに、
私には何が怪しいのかさっぱりわからなかった。

「まあ、あなたの肉親のことだし、
 あなたが怪しいというなら怪しいのだろう」

様子が変わってしまった家族を心配する気持ちはわからないでもない。

「とりあえず、この会合に参加した者を2〜3人集めてくれないか?」


--------------

PLより

参加者2〜3人集めて、話を聞きたいです。
まずはクロウかセルケトにサニティでもかけてもらってから。
No.102 どうしたらいいかと言われてもなあ
[ 2008/12/09(Tue) 15:07:45 ] クロウ
 やれやれ、やっとついた。おぉ寒い。
 とは言え地図がわかりやすいと実に助かる。道に迷わなくてすむ。
「クロウだ。」
 ついでにされたが一応名乗っておこう。


 ところで依頼人。あきらかに怪しいとはいうが………
「………いや、別に。」
 同意を求められたらそう言うしかないよなあ。
 おかしくなったとも思わんが。まあ常識に無いからそう思い込んでるんだろうな。
 "よくわからない"というだけの理由で"変だ"だとか"酷い"と決めつける偏見の塊みたいは発言、こりゃあ先行きが不安だな。目の前で古代語魔法でも使った日にゃあ村中を敵にまわしかねん。
 まあ土地柄と階級も考えると、この年齢での考え方としちゃあこんなものか。


 ……で、どうしたらいいかときた。
「それは君が決めてくれ。」
 ……依頼しておきながらこれか。
「君が命令してくれれば、潜入調査ぐらいのことはできると思っている。」
 たぶんな。
 ……これでファリス神殿なみに警備厳しかったら泣いてあやまる。


「ところで、おじさんとは誰のことだ?」
 このドワーフのおっさんだったりしてな。

「それから、わかるなら壺や絵に金を払ったのかも教えてくれ。」

 なんか説明不足もこりゃあ土地柄か?
 まあここらじゃあ互いの顔はだいたい知れてるだろうしなあ。
No.103 不思議
[ 2008/12/09(Tue) 16:17:32 ] セルケト・ソラ
「これは奇妙な…
 住所とはなんぞ?」

某の故郷もそしてオランという大都市にも“住所”等という物は無かった気がするが

「あぁ、場所の事か
 奇妙な言葉を使う者だな」

まぁこういった文言は良くある話だし
それを信じる人間も居るのは良くある話だし

「本人が幸せならそれで良いのではないかな?」

一人考え事をする

「クロウ任せた」
クロウの肩を叩き

「この村で宿を取れる場所は無いか?流石に野営をするのもいささか飽きてきた所でな」

・・・
PLより
任せた(・w・b
No.104 返答
[ 2008/12/10(Wed) 10:45:58 ] 京の@GM
>「それから、わかるなら壺や絵に金を払ったのかも教えてくれ。」
「あれ?アーニーに言ってくれと頼んだ気もするけど…
 キチンとお金は払ってるわ、どれがいくらかは知らないけど
 少なくとも1600ガメル以上は抜かれてた。」

>「とりあえず、この会合に参加した者を2〜3人集めてくれないか?」
「OK、待ってて。」
そう言うとキャサリンは店を出て走っていった。

30分程立った時、
「ただいまー。」
少女と一緒にいたのは3人の老人だった。
「まず紹介するね、こちらの女の人がメリッサさん、
その隣の女性がベスさんで、この人が私のおじのスティーブさん。」

>「この村で宿を取れる場所は無いか?流石に野営をするのもいささか飽きてきた所でな」

「今日はここに止まってくれ、少し窮屈かも知れないが飯はあるぞ。」
ドワーフが答える。

GMより
★3人のお話ダイジェスト★

スティーブの場合
・偶然酒場で出会った人から勧められたギャンブルで失敗
・酷くショックを受けている時にリタのチラシを発見。
・とても良い話を聞かせてもらって(本人談)、勢いでツボやら購入。
・本人は「とても良い買い物をした、これから幸せが舞い込んでくる」とかなり満足してそう。

メリッサの場合
・偶然酒場で出会った人からリフォーム(みたいなの)を勧められたがそれが詐欺だった。
・途方に暮れている時にリタのチラシを発見。
・心温まる話(本人談)を聞かせてもらって、勢いでツボやら購入。
・本人は「あれ程人生が晴れやかに見えた瞬間は無いわ、もう毎日が楽しくてしょうがない!」

ベスの場合
・手紙で息子から金を貸して欲しいと大金を頼まれる。
・「息子のためなら」と記載された住所に金を送るが
 後日息子に連絡した時に「覚えが無い」と言われ途方に暮れる。
・リタのチラシを発見。
・涙が止まらない話(本人談)を聞かせてもらって勢いで壷やら購入。
・本人は「もう絶対に家に不幸を呼びはしない!」とかなり決心ついてそう。


P.S.
フォーセリアって住所無かったのか・・・orz
結論:ワールドガイドでも読もう。
No.105 補足?
[ 2008/12/10(Wed) 10:48:53 ] 京の@GM
>「君が命令してくれれば、潜入調査ぐらいのことはできると思っている。」

「頼みます、なんとかして事務所へ行って怪しい物を探ってください。
 老人しか入らせてくれないのです、」

GMより
返答し忘れ
No.106 なるほどね
[ 2008/12/11(Thu) 21:04:36 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「なるほど。
 3人とも弱っているところを付け込まれ、と、いうところかな?」
キャサリンに確認する。

「手間を取らせて申し訳ないのだが、
 その、購入した壷やらを私たちにも見せてもらえないだろうか?」
私は、幸せそうに経緯を話してくれた、スティーブに言った。

それから
「セルケト、すまないが、一応、念のため、
 この人にサニティをかけてみてくれないか?」
そっと耳打ちした。
No.107 それと
[ 2008/12/11(Thu) 21:12:58 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「リタ・グループとやらが宿泊しているのはこの事務所なのか?
 それともどこかに宿をとっているのかわからないか?」
No.108 Re: 第2章「出会い」
[ 2008/12/12(Fri) 18:54:32 ] 京の@GM
>「手間を取らせて申し訳ないのだが、
> その、購入した壷やらを私たちにも見せてもらえないだろうか?」

「分かった、おじさん、どこにある?」
「私の書斎にある本棚の上に飾ってあるよ。」

「持ってきたわ、ほら。」
キャサリンが持ってきたのはいたって普通の壷。
真ん中にシルクハットと斜体で「Lita Group」という文字が彫られていた。

>「リタ・グループとやらが宿泊しているのはこの事務所なのか?
> それともどこかに宿をとっているのかわからないか?」
「うーん、詳しくは分からないけど、宿を取っているという話は聞いた事が無いわ。皆顔見知りみたいなものだし。」
No.109 テスト
[ 2008/12/15(Mon) 16:52:42 ] "色男"ジュリア [ Home ]
投稿できるか、テスト書き込みです
No.110 初動はこんなもんか。
[ 2008/12/15(Mon) 16:56:00 ] クロウ
 怪しい物ねえ。
「"怪しい"の"ハンダン"は俺がしていいんだな。」
 1.6kか。微妙だ。フツーの壺ではあるが、詐欺ってラインか。しかし下手に突っ込んで老人連中一斉蜂起とかありえそうだ。

「一応それ、"ドロボウ"やってくれって依頼なのは知ってるよな。
 "ヘマ"るつもりは無いが、"ブチ込まれる覚悟"だけはしといてくれよ。

 それと、明日っからの俺らの寝泊まりは宿でもいいが、"果物運び"の"準備待ち"とでも、何かうまい"言い訳"を考えといてくれ。"警戒"されると面倒くさい。」

 まずは隠密索敵か。リタが吐いてくれりゃあ楽なんだが、潜ってるからなー。

「お前もなんかしろよ。」
 セルケトの肩をぽんと叩いて、とりえあず散歩に出かけた。
 事務所とやらはどこかねぇ。あと宿と飯屋ぐらいは見つけとかねえとな。

PLより:
住所も含めて「あやしいんですよ」演出だと思ってた!!www
いちおー和製ファンタジー(シリアス方面)は住所が無いのが一般的みたいですねえ。
つうか詐欺のパターンうけたww

セージチェックの結果は1.6kもの価値は無いよ、というGMのメッセージだと解釈。

クロウ的には以上。日中に村全体の下見して、事務所の住所と周辺環境確認したら夜に潜入するッス
No.111 外出
[ 2008/12/15(Mon) 17:50:10 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「お前もなんかしろよ。」
「待てよ、クロウ」
 セルケトの肩をぽんと叩いて、外へ出て行こうとするクロウを呼び止める。

「村の下見だろう?私も同行したいのだが。
 『敵』のアジトくらい私も知っておきたいからな。」

--------------

PLより

下見には同行しますが、潜入の邪魔はしません。
その頃までには帰ります。
No.112 正常だとは思うが
[ 2008/12/15(Mon) 22:40:29 ] セルケト・ソラ
ジュリアの言葉に頷きゆっくりとおじさんに近づき

「“心の平穏そこにありや?”」
平心をかける

・・・
PLより
達成値は13 でした〜
多分“正常”だとおもうけどに!
No.113 エクセルヒュ〜〜マン
[ 2008/12/16(Tue) 21:05:53 ] 京の@GM
キャサリンが書いた地図を頼りに着いた先は、
見た所いたって普通の民家だった。
しかし、前のドアにはきっちし「リタ・グループ事務所」
と書いてある。
灯りが点いていて、時間外も活動しているそうだ。
周辺は民家など置いてあり、他とあまり変わらない状態。

GMより
>セルケト・ソラ
特に何も変わらない、呪文などは罹っていないであろう。
No.114 働き者らしい
[ 2008/12/16(Tue) 22:24:02 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「ずいぶんと、働き者なんだな・・・・」

暗くなった今も、明かりを点け、
活動しているらしい事務所を見て、そんなことを思った。
見た所、普通の民家だ。寝泊りも、ここでしているのだろうか。
近所の民家で訊いてみれば、わかりそうだな。

隣の民家の扉をノックする。
「すまないが、尋ねたいことがあるんだ。いいだろうか?」
No.115 おおっと
[ 2008/12/17(Wed) 12:05:43 ] クロウ
警戒されるとまずい。
とりあえず俺は隠れとくか。

PLより:
様子を窺うこともなくぷいっといなくなります。
No.116 登場
[ 2008/12/19(Fri) 18:03:42 ] 京の@GM
>「すまないが、尋ねたいことがあるんだ。いいだろうか?」
そう言うと、中からヨボヨボのおじいさんが出てくる。
「ん?おお、なんじゃ?」
No.117 質問1
[ 2008/12/20(Sat) 12:11:13 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「この村では最近『リタ・グループ』主催の講演会が流行っているようだが、あなたも公演に参加して、壷や絵画を買っていたりするのだろうか?」
No.118 返答
[ 2008/12/21(Sun) 20:43:38 ] 京の@GM
>「この村では最近『リタ・グループ』主催の講演会が流行っているようだが、あなたも公演に参加して、壷や絵画を買っていたりするのだろうか?」

「・・・ふん、わしゃあんな胡散臭い所には行かん。」
そう言ってプイと横を向く。
「わしが止めても『行ってみるだけ』とかぬかして行きやがる。
 そして下らん物を買ってくるのだ。この調子じゃわしも止める気が無くなるわい。」

「・・・話はそれだけか?」
No.119 良かった
[ 2008/12/21(Sun) 22:57:04 ] ジュリア
良かった、まともな人間もいるようだ。

「いや、その胡散臭い連中は、夜もこの事務所で寝泊まりしているのだろうか?」
それと
「あなたのように、まともな人間に逢えて良かった。」
そしてにっこり微笑んでみせた。
No.120 返答
[ 2008/12/22(Mon) 20:36:25 ] 京の@GM
>「いや、その胡散臭い連中は、夜もこの事務所で寝泊まりしているのだろうか?」
「多分そうじゃろうな、夜中でも物音が聞こえるわい。」

>「あなたのように、まともな人間に逢えて良かった。」
「なあに、ここじゃわしは頑固者として有名だ。」
No.121 ありがとう
[ 2008/12/22(Mon) 21:48:35 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「そうか、ありがとう。
 私の名はジュリア。機会があったらまた逢いましょう。」

ふと、気がつくと、クロウの姿がなかった。
彼には彼の考えがあるのだろろう。
私は戻るか。


-----------------

PLより

果物屋に戻りますー
No.122 No Title
[ 2008/12/23(Tue) 10:28:16 ] 京の@GM
果物のスバ。
「おぉ!戻ってきたか!」
スバが迎え入れる。
「夕飯を作ってあるぞ、ほれ。」

「んで、何をしてきたんだ?まさかお隣に行ったんじゃないだろうな?
 あそこにいるじいさんは引退しちまったが、元冒険者だ。
 何でも、冒険をしながら仲間と一緒に・・・丁度今いるような『ヘンナ集団』と戦っていたんだとさ。
 非常に逃げ足が速く、捕まえて突き出そうにも捕まえられなかったんだ。
 そいつらは悪徳商団で、名前は確か『ロード・ゼット』と言ったな。
 でも、結局見失ったらしい。今もどこにいるのか分からない、と。」
No.123 ただいま
[ 2008/12/23(Tue) 13:34:26 ] ジュリア
「おぉ!戻ってきたか!」
果物屋に戻るとスバが暖かく迎え入れてくれた。
「夕飯を作ってあるぞ、ほれ」
なんて人の良いドワーフなんだろう。
「ありがとう、スバ」
私は礼を言い、食卓にについた。

「その通りだ。事務所の隣へ行って来た。
 そうか、彼は元冒険者だったのか。」
それで他の村民とはひとあじ違ったのか。
「彼の名はなんて言うのかわかるか?
 聞きそびれてしまったのだ。」
スバの話しぶりからすると、ただの顔見知り程度じゃなさそうだ。

「ロード・ゼット?」
私はその名に聞き覚えがないか、考えをめぐらせた。


PLより
ロード・ゼットについてセージチェックをします。
今、PHSからなので、もう少し後になります。
No.124 そうだ
[ 2008/12/23(Tue) 13:42:27 ] ジュリア
「スバ、あなたはその集会に行かなかったのか?」
私たち妖精族の年齢は、外見からは判断しにくい。
スバが指定の年齢以上であってもおかしくないだろう。
No.125 返答
[ 2008/12/23(Tue) 20:29:58 ] 京の@GM
>「彼の名はなんて言うのかわかるか?
 聞きそびれてしまったのだ。」

「あいつの名は・・・ゾードン、と言ったな。」

>「スバ、あなたはその集会に行かなかったのか?」

「行かねえよ、52だから入れないしな、
 それにドワーフとしてはまだまだ現役だ。」

GMより
やばい誤解発生してるかも。
念の為に言いますが、「ロード・ゼット」は組織の名前ですぅ!
No.126 めし
[ 2008/12/25(Thu) 10:34:49 ] クロウ
周辺の地理を頭に放り込んで戻ると晩飯が待っていた。
「こいつは助かる。」

どうやらジュリアは収穫があったんだかなかったんだか。

んー、ギルドのオッサンの昔話に……出てきたっけな?

"アタマ"に"ナシ"つけて、上っぱねまき上げる手筈を整える"アタマ"があったが……なーんとなく、"跳ね"る"脚"もねえ、"口"は"割れ"っぱなし、なぁんて"オチ"なんじゃねえかって"イヤな予感"がしてきてんだよなー。素直に"ツブ"しちまった方がいいかなー。楽だし。


PLより:
ロード・ゼットのセージチェック。
2D6 → 6 + 2 + (5) = 13
シーフルートで何か知らないか、シーフ技能+知力でもチェック
2D6 → 5 + 5 + (7) = 17

先の宣言通り、深夜寝静まってから事務所に潜入します。
No.127 収穫はあったのか
[ 2008/12/25(Thu) 18:12:18 ] セルケト・ソラ
夕飯を食べながら暫し話すこと

ゆっくりとした時間が過ぎていく中で出てきた組織の名前
組織というよりもグループか

「ろーど・ぜっと。何か心あたりはないのか?誰か」

・・・
PLより
2D6 → 5 + 5 + (6) = 16
セージチェックの結果
No.128 収穫は
[ 2008/12/25(Thu) 21:34:16 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「あの事務所の隣に住んでいる、元冒険者は『まともな』人間だった。彼なら話も通じるだろう」

夕食を食べながら他の二人に話す。

「それと、あのグループは夜もあの事務所で寝泊りしているそうだ。
夜でも物音がするほどらしい」
No.129 No Title
[ 2008/12/25(Thu) 21:38:27 ] 京の@GM
3人には、「ロード・ゼット」に何となく聞き覚えがあった。
知る人ぞ知る数人の商人の集まりで、
法スレスレの商売を主にやっていたらしい。

GMより
ゾードンについてはピンと来ませんでした。

ただいまアップローダの閉鎖により、
画像が表示出来ない状態となっております。
アイコン無しというのは出来ないため、
GM⇒うさぎ PL⇒いぬ
という状態になります。
色々不都合あると思いますが、解決策が見つかるまではこれでご容赦ください。
申し訳ありませんが、ご協力お願いします。
No.130 おっともう遅いな
[ 2008/12/27(Sat) 16:33:52 ] 京の@GM
「そろそろ寝るか?それともまた出かけるのか?
 と言っても今夜は寒いがな。」

GMより
アップローダ復活により画像も復活しました!
No.131 侵入
[ 2008/12/29(Mon) 15:42:45 ] クロウ
 んじゃあ、のんびり動くとするか。
「寝ときますよ。おやすみ。」



 数時間後、完全に夜が更けた頃合を見計らって行動を始める。
 覆面なんざするのは久しぶりだなあ。昔、オヤジにしごかれたのを思い出す。なんだかんだで役に立つもんだ。
 灯りを作って(ライト宣言)懐にしまっておく。


 さて、脳内地図に従って移動………まずは外堀から埋めておくか。

 罠の有無を確認しつつ事務所の周囲をぐるりとまわって内部の様子を探ると同時に、夕方にあたりをつけといた侵入に都合のよい場所、身を潜めるに都合の良い場所を探し、経路を確認する。

 発見されたら目もあてられねえからな。


PLより:
▼基本行動
・周囲が寝静まってから身支度を整える
・ライト対象銀貨(HP24/24,MP21/24)
・移動
・事務所の灯りを確認、慎重に接近
・忍足かつ隠れながら聞き耳をたて、事務所の周囲を罠感知しつつ1周。慎重に。
  その1周で事務所も観察、灯りがついていれば中の様子から間取りを予測
  侵入経路を探す……気付かれにくく逃げやすい場所(羽目板が外せる構造なら床下がベスト、そこはGMの世界観と相談)
  同時に周囲に潜伏可能な場所を探す
・侵入困難な場合(羽目殺しだったり)は周辺の家屋や樹木等を用いて上から侵入を試みます。
No.132 私は
[ 2008/12/29(Mon) 19:41:43 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「私は出かけてくるよ」
真夜中、クロウが動き出す頃、
ゾードン氏宅に潜ませてもらえるよう交渉しに行って来なければ。

ゾードン宅にはまだ明かりがついているだろうか?
「遅くにすまない。昼間に来たジュリアという者だが。」
扉を静かにノックする。

出てきてくれるなら、怪しいやつらの様子を探るため、
あなたにも協力してもらえないだろうかと、相談しよう。

出てきてもらえなければ、
そのままクロウの邪魔にならないような場所に潜んでいよう。

それにしても今夜は寒い。
出来れば屋内に潜んでいたいものだが。

No.79 京の@GM 返信
[ 2008/12/01(Mon) 21:27:01 ] 第1章「再び」
冒険者達はおなじみジョージの角なしミノタウロス亭でたむろしていた。
外を出れば容赦無く冷たい風が襲ってくるが、
中に入っていても寒い事には変わりが無かった。
少しでも寒さを紛らわそうと店内はとても騒いでおり、
ワインやらエールやらが運ばれてくる光景がいつもより増して見られた。

そんなひんやりした空気の中、
ガチャッとドアが開く音がする。
あっという間にドアの周辺は冷気で満たされる。
そして中に入ってきたのは、小太りの中年男だった。

「仕事の依頼あるんだけど・・・良いかな?」

中年男が店主のジョージを呼んで、一言二言話をした後、

ジョージがキョロキョロと見回してから、
「誰かー!依頼来たぞー!もっともこの寒さだがな・・・。」

GMより
確認してなかったorz
至急開始です、宜しくです。
No.80 寒風と共に
[ 2008/12/01(Mon) 22:47:04 ] "色男"ジュリア [ Home ]
その男は冷たい風と共にやってきた。
とはいえ、その人間はそんな詩的な表現の似合う男ではなかったが。
「中年の、小太り男・・・・」
依頼だろうかと目で追っていると、ジョージと何か話し始めた。
その後、ジョージの声があがった。
「誰かー!依頼来たぞー!もっともこの寒さだがな・・・。」
キョロキョロとするジョージと、目が合った、ような気がした。

「依頼ねえ・・・・」

どうしたものか。
この間の仕事で懐は寂しくなかった。
それにこの寒さときている。

「依頼ねえ・・・・」

周囲を見渡すと、誰も名乗り出るものはいないようだ。

「・・・・仕方ないか」

私は席を立った。

「ジョージ、その話、詳しく聞かせてくれないか?」
No.81 依頼詳細
[ 2008/12/02(Tue) 20:03:11 ] 京の@GM
「友人がいる村の変な奴らを探って欲しい、だとさ。
あとついでに果物も持ってきて欲しい、と。」
ジョージは横目で依頼人を見ながら言った。
No.82 初冬
[ 2008/12/02(Tue) 20:25:40 ] クロウ
 温かい赤葡萄酒を口に運びながら、寒くなってきたなと思った。
 懐は暖かくなっていたものの、こう暇だとなまった体が更に鈍りそうだ。

 探し人も見つかったことだし、俺としてはもう特にすることも無いんだよな。

 なんか意趣返しがどーのとか言ってたから里には帰れないんだが、それが終わるまで飯が食えればそれでいいわけだし。

 いまだに体がうまく動かないのはそのうちどうにかしなきゃならないんだが、向こうもまだ本調子じゃないようだしな。
 おいおい馴らしていけばいいだろう。

 あーしかしこう寒いと雪山登山を思い出すぜ。あれはひどかった。

 何やら店主の所に行ったジュリアを視界の端に入れたままそんなことを考えていた。
No.83 情報を
[ 2008/12/02(Tue) 21:07:44 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「変なやつら?」
私は依頼人に尋ねた。
「それは、何が、どう、変なんだ?
 それから村の名前は?」

そして
「果物か。まさかこの時期に実をつけるのか?
 果物は何をどのくらい持ってくればいいのだ?」

まず与えられた情報が少ないな。
質問攻めになってしまうじゃないか。
「私の名はジュリア。あなたの名は?
 それから友人の名前も教えてもらおうか?」

PLより

村の名前を教えてもらったらセージチェックします。
場合によっては果物もチェック!
No.84 寒い空気と
[ 2008/12/02(Tue) 21:14:28 ] セルケト・ソラ
さすがに寒い
ゆっくりと火酒で体を温める

クロウの無事が確認出来たがまだここでしなければならない事が残っている事は間違いが無い

そうは言え、何をする為に来たのか?
と、問われれば答えようが無い

しかたなしに今日もオランの街の中に居る
No.85 返答
[ 2008/12/03(Wed) 18:24:13 ] 京の@GM
>「それは、何が、どう、変なんだ?
> それから村の名前は?」

「なんか年寄りばっかり呼んで訳分からん話をしてるだとさ。
名前は『エンジェルグローブ村』。」

>「果物か。まさかこの時期に実をつけるのか?
> 果物は何をどのくらい持ってくればいいのだ?」
「果物屋をやっているスバという奴から持ってきてくれ。
量や種類などは既に伝えてある。」

>「私の名はジュリア。あなたの名は?
> それから友人の名前も教えてもらおうか?」
「俺の名はアーニー、友人は・・・えーと、
正確には‘娘の’友人なんだ。
名前は「キャサリン」って言うらしい。」

「まぁ俺はオランである店を経営しててね、
その営業に必要な材料である果物を持ってきてもらうと共に
そのヘンな組織の正体を暴いて欲しい、という事だ。
俺は少なからずその村とは縁があるし、
あんたがやってくれるならやれる限りのサポートはする。
さすがに武器は持ってないがな。」
アーニーはそう言ってHAHAHAと笑う。

「んで、どうするんだ?受けるのか?」
No.86 依頼
[ 2008/12/03(Wed) 20:44:46 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「年寄りばかりを呼んで?
 訳がわからない話というのは、もう少し詳しくはわからないのか?
 それによって村に何か実害が出ているのか?
 村の名前は『エンジェルグローブ村』ね。」

>「果物屋をやっているスバという奴から持ってきてくれ。
>量や種類などは既に伝えてある。」

「スバね。了解」

>「俺の名はアーニー、友人は・・・えーと、
>正確には‘娘の’友人なんだ。
>名前は「キャサリン」って言うらしい。」

「アーニーに、キャサリンか。よろしく、アーニー。」

>「んで、どうするんだ?受けるのか?」

まあ、退屈していたところだ。
「いいだろう、その依頼、受けよう。ところで報酬は?」

「出来る限りのサポートをしてくれると言ったな。
 では、その村までの保存食を用意してもらえないか?
 そして、私は一人じゃないんだ。私以外に仲間が二人いる。
 仲間の分もよろしく頼む。
 組織の正体は暴けばいいんだな?
 退治しろとかいうわけではないんだな?」

PLより
エンジェルグローブ村を知っているかダイス振ってきました。
出目は2D6 → 4 + 1 + (5) = 10

村の場所によっては防寒着も必要かな?
No.87 Re: 京の@GM
[ 2008/12/03(Wed) 21:21:57 ] 京の@GM
>「年寄りばかりを呼んで?
> 訳がわからない話というのは、もう少し詳しくはわからないのか?
> それによって村に何か実害が出ているのか?
> 村の名前は『エンジェルグローブ村』ね。」

「俺も手紙で受け取ったから、詳しい話は分からない。
 ただ、キャサリンの親父さんがその会合みたいなのに
 行ってから、壷やら額縁やらが増えている、とさ。
 まぁ、怪しいニオイはプンプンするとだけ言っておこう。」

>「いいだろう、その依頼、受けよう。ところで報酬は?」
「向こうでキャサリンが1000Gを用意しているとさ。」

>「出来る限りのサポートをしてくれると言ったな。
> では、その村までの保存食を用意してもらえないか?
> そして、私は一人じゃないんだ。私以外に仲間が二人いる。
> 仲間の分もよろしく頼む。
> 組織の正体は暴けばいいんだな?
> 退治しろとかいうわけではないんだな?」

「念の為に1週間分用意しよう。
 3人だな、OK。
 そいつらが悪意ある団と分かったら突き出して構わん。」
No.88 怪しいニオイねえ
[ 2008/12/03(Wed) 21:50:49 ] "色男"ジュリア [ Home ]
「壷やら額縁やらが?それは、タダで貰えるものなのか?」
私は素朴な疑問を口にした。
「怪しいニオイねえ・・・・」

>「念の為に1週間分用意しよう。
> 3人だな、OK。
> そいつらが悪意ある団と分かったら突き出して構わん。」

「わかった。では、私は仲間に話してくる。
 村までの詳しい地図も用意しておいてくれ。」

---------------

私はクロウとセルケトのいる卓に戻ると、依頼の内容を話した。

「・・・・と、いうわけだ。
 まあ、人助けだと思って、行ってみようじゃないか。」


PLより
アーニーから聞いたことを二人に全て話します。
そしてエンジェルグローブ村については、何かわかりませんか?>GM
No.89 仕事の話
[ 2008/12/03(Wed) 23:06:46 ] クロウ
 このクソ寒い中をピクニックかよ。
 ………ってのは顔には出さないで、だいたい話はわかったけどさ。

「クロウだ。こちらはセルケト。
 よろしく、アーニー。」
 挨拶だけはしつつ。

「"害虫駆除"に1000ガメルが"村のお嬢さん"から出るのはいいとして」
 アーニー氏とやらを眺めなおし、こう言った。
「"運送屋"の方の報酬はどこから出るのかな?」
 別の仕事だからな。


PLより:
いちおー"アヤシイ団体の処理"と"果物運び"は別の仕事なので、
ひっくるめてキャサリンから出るのはなんかおかしいなーと思ったので突っ込んでみた。
No.92 運送屋
[ 2008/12/04(Thu) 21:23:59 ] セルケト・ソラ
運送屋に尋ねた
『これをあそこまで運べばいいんだな?』
『うん、そうや』

なんてくだらない話を昔聞いたな

クロウの言葉に望郷の念を抱きつつ

「村からきた依頼なら纏めてなんじゃないか?」
クロウにそう呟く

「宜しくアーニー」

ジュリアに視線を投げ

『森の妖精は寒さに強いのか?』
そんな思いを抱いていた

・・・
PLより
エンジェルグローブ村について
2D6 → 5 + 3 + (6) = 14(SGチェックが可の場合)
No.93 返事
[ 2008/12/04(Thu) 21:27:40 ] 京の@GM
>「壷やら額縁やらが?それは、タダで貰えるものなのか?」
「金は払っているらしい、具体的にどんな額かは書いていなかった。」

>「わかった。では、私は仲間に話してくる。
> 村までの詳しい地図も用意しておいてくれ。」

「OKだ。」
そう言うとアーニーは服のポケットから羊皮紙を取り出し、
凄まじいスピードで地図を書き上げた。
「ほら、スバへの場所もキャサリンとの集合場所も載ってある。」

>「"運送屋"の方の報酬はどこから出るのかな?」
「日単位で持って帰ってくるのが早ければ早い程たくさん出す。
頑張ってくれ。」

GMより
他質問など無ければ次へと進みます。
エンジェルグローブの詳細はPLBBSへ。
No.94 下っ端のくろう
[ 2008/12/05(Fri) 01:23:17 ] クロウ
 地図ができた。
「おー。」
 "運び屋"は"別腹"か。うまいっちゃうまいな。
「荷馬車か何かは俺が用意しなくてもいいんだよな。」
 念のためな。


「俺は野暮用があるんで、門かどっかで待ち合わせな。」
 ギルドに睨まれちゃめんどくせえし。


///////


 で、ギルド。
「"天使の手袋"で"ガラクタ"を捌いてるのがいるそうで――」
 報告と確認でしかねえが。
「――"駆除"することになりました。"よろしく"どうぞ。」
 絡んでるってこたねえと思うが、念のためだ。


PLより:
ギルドの件は「エンジェルグローブ村で壺やら額縁やら売りつけてる連中を突き出しますがいいですよね?」という確認です。
人間が相手だとギルド絡みの可能性があるので毎回やってることなんで、特に無ければ「ああ、そう」って程度の返事もらえればOKであります。
(「GMより」で「特にないお」って程度でも問題なっしんです)
No.95 ギルドにて
[ 2008/12/05(Fri) 18:35:02 ] 京の@GM
「ん?ああ、エンジェルグローブにいる『リタ・グループ』ね。
何かしら怪しいという噂はあるが、まだはっきりとした事は確認できてないねぇ。」

GMより
特にないおっ
No.96 出発
[ 2008/12/05(Fri) 20:19:11 ] セルケト・ソラ
「クロウ戻ったか」

クロウの姿を視界の端に捕らえ

「さて、行くとするか」
 荷物をクロウに渡し歩みはじめる

・・・
PLより
村へ出発だふー
No.97 Re: 京の@GM
[ 2008/12/06(Sat) 11:17:08 ] クロウ
 田舎で小銭稼ぎしてるなんざ、まあそんなもんだろうな。
「わかりました。"確認"し"処置"してきます。」
 さて、"殿"にしばかれねえうちに戻ろう。


「ああ。」
 セルケトに応えて出発だふー
No.98 さて
[ 2008/12/06(Sat) 21:31:12 ] "色男"ジュリア [ Home ]
地図を手に
「セルケト、そっちは逆方向だぞ」
声をかける
「嘘、冗談だ」
さて
「行こうか」
私は歩き始めた。

----
PLより
出発だふー




Password © 2004-2017 83net.jp