[ Mobile ] [ ホームページ ホームページ ]

質問用掲示板

視能矯正学科の質問用掲示板です。

佐々木 翔 助教 担当分
→ 視能訓練学, 視能検査学実習, 視能訓練学特講(弱視), コンタクトレンズの基礎, アプリ(Cover test Z, 進撃の固視検査)
についての質問を受け付けます。

匿名で質問などをしても構いませんが、以下のルールは必ず守って下さい。
・最低限の言葉遣い、礼儀は守ること。
・学生同士の雑談用には使用しないこと。
・特定の人の誹謗、中傷は絶対にしないこと。
(佐々木への意見や、文句はOKです)
Name Mail
Title URL
Icon   Color
File

No.160 No Title 返信
[ 2017/02/17(Fri) 21:25:01 ] まいまいなす
これから勉強する気が出ません。
視能矯正に関する学問への意欲、興味が失せました。
というか元々無かった???のかなー
4年には何とか上がれると思いますが、今すぐにでも退学したいです。
でも今辞めるとママやパパが払ってくれた多額の学費をドブに捨てるようなものですょね。
やめたいなんて言ったら絶対に怒られます。
1年生のときにパパに言ったら殴られたこともあります。
でも、頑張ってるみんなにゎ申し訳ないけど、実習や先輩の仕事を見学しても、全く魅力を感じません。
誰にも言えない仕事だけど、やりたい事があります。
とても迷っています。
親か、自分の夢か、先生はどちらがいいと思いますか?
No.162 Re:
[ 2017/02/17(Fri) 22:29:14 ] 佐々木
あなたの人生に関わるとても重大なことですので、ここで安易に具体的なアドバイスをすることは避けさせてください。
文字でのやり取りで誤解などが生じたら困るからです。すみません。

とても悩むことでしょうし、あなたにとって大切な事ですので相談に乗ります。
一度、面談などの形でお話をするのはどうでしょうか。

直接教員室に来てくれてもいいし、
kkrssk@yahoo.co.jp
にメールをもらえれば、日時を指定します。

検討してみてください。
No.163 Re:
[ 2017/02/17(Fri) 22:57:52 ] まいまいなす
真面目に返してくれてありがとうございます(/ _ ; )
少し胸の内を何処かに曝け出してみたかったんです。
今わ落ち着いています。
誰がにすがって、巻き込んで、責任を分散させたかっただけかも知れません。ゴミ人間ですね、ごめんなさい。
自分のことゎ自分で決めるべきだと思いました。
そのほうが自分の人生に責任持てるかなって思いました。
それにちゃんと自分と向き合ったら心の中でもう答えは出てたかんじでした。。向き合うのが怖かったのかなぁ…
解決出来そうです。
先生本当にありがとう。先生の中で一番尊敬しています。
No.164 Re:
[ 2017/02/18(Sat) 11:01:16 ] 佐々木
自分の中で納得のいく決断ができるといいですね。
あなたがどのような決定をしたとしても、全力で応援しますし力になりたいです。

何か力になれることがあれば、いつでも相談してくださいね。

No.130 No Title 返信
[ 2017/02/03(Fri) 19:13:07 ] 大貧民
なぜ再試に2000円もかかるのでしょうか?
法的に考えてどうなんでしょうか?
できれば内訳を教えて下さい。
問題を作って、必要数印刷して配って、採点するだけ、
しかもそのほとんどを行う先生に、追加のお金は入りませんよね?
ならば誰がそのお金を握って何に使っているんですか?
そのくらい教える義務はあると思います。
それを教えられないというなら、もっと再試代を安くして下さい。
税込100円でどうでしょうか?
No.132 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 19:46:49 ] 佐々木
教員が定めた規定ではないので、私からお答えすることは出来ません。
あなたの言うように、知る権利はあると思いますので大学事務に問い合わせてみて下さい。

掲示板での質問は勉強に限った内容でお願いします。
No.133 Re:
[ 2017/02/04(Sat) 09:59:29 ] 大貧民
そうですよね、野暮な質問で大変失礼いたしました。
事務に問い合わせてみようと思います。
No.134 Re:
[ 2017/02/04(Sat) 12:11:37 ] 佐々木
いえいえ、なかなか納得の行かない気持ちはよくわかります。

勉強の以外の内容はだめ。という禁を自ら破りますが、昨日の夜色々考えたので書きますね。
同じような憤りを感じている人は多いようですし、かつて私もそうでした。
大学生時代、トータル○○万円は再試代として溶かしましたので。

〆道遒領繕發砲弔い
まず、大学は再試験を行う義務はありません。
本試験で赤点ならその時点で単位未認定が決定。という大学も数多くありますし、そちらのほうが多数派でしょう。
すなわち再試験とは、本来単位未認定になる人をなんとか救済するための、サービス的な意味合いが強いということです。

教員になって改めてわかったことですが、テストを実施するということは、とてもたくさんの手間と人の手が必要です。
・問題作成
・問題に不備がないかをチェックする
・問題の書式や体裁を整える
・試験対象者の人数を管理する
・他の試験や授業とのスケジュールをすり合わせ、教室の確保や整備をする
・試験日などの告知用書類の作成、掲示
・試験問題の印刷
・部数や落丁のチェック
・座席表の作成
・試験監督者の選定と依頼
・当日の試験監督業務
・採点
・点数のとりまとめ
・結果の告知、郵送

何十人もの人が、何日も掛けて準備をします。
たとえば1つの科目で20人が再試を受けたとして、大学の収入は40000円ですね。はっきり言ってばかばかしい金額です。時給に換算したら1人あたりの最低賃金にも満たないでしょう(もちろん、テストに携わった人たちの臨時収入になるわけでもない)。

私は再試料が具体的に何に当てられているかは知りませんが、大学としては再試験の実施が大きな損失であることは確実です。
金銭的な利益を考えるのであれば、再試験などは行わないほうがよいのです。

再試を行うのは、皆さんの可能性に賭けているからです。
No.135 Re:
[ 2017/02/04(Sat) 12:13:28 ] 佐々木
∋邯海砲弔い
1つ前の質問とも関連しますが、試験を作る先生たちは、皆に良い点を取ってもらいたいと思って試験を作成します。
自分が教えたことが100%皆に伝わって、テストで100%の成績として帰ってくる。これが理想だからです。

私は、いつも「皆100点をとっていて欲しい」と祈りながら採点を行っています。
自分の問題を正解してくれると、とてもうれしいです。自分の教えたことがうまく伝わったのですから。
不正解だと悲しいです。自分の教え方が悪かったのだろうか、もっと上手に伝えられなかったのか、と自問自答します。

試験で不合格者を出すということは教員としてとても不名誉なことです。
皆を到達すべきレベルまで押し上げることが出来なかったということで、教育者としての能力の低さを突きつけられているようなものですからね。

試験問題を簡単にして到達目標レベルを下げる。ということは出来ません。そんなことをすれば皆さんが国家試験に合格できなくなり、多くの人が道に迷います。
これは国家資格を目指す学科の宿命です。絶対的な到達点が存在し、それを変えることは不可能です。


全員が本試で合格点をとれるようになり、誰も得をしない再試などは行わなくて済むことを願っています。
真面目に勉強しているのに理解できない、頑張ったのに点がとれない。そんなことをなくしたいです。
この掲示板もそんな考えからつくりました。

皆が内容を理解し、力をつけてくれるような講義をしたいと思っていますが、まだまだ全然力が足りません。
私の未熟さを、皆さんからの質問が補ってくれると願っています。
No.159 Re:
[ 2017/02/17(Fri) 21:06:31 ] 大貧民
先生の考え方は教師の鑑だと思います。
日本の大学は
再試なんていう制度があるから、みんな勉強しな
再試がなければ死に物狂いで勉強しますよね?
No.161 Re:
[ 2017/02/17(Fri) 22:04:55 ] 佐々木
その考え方も一理あるのです。

再試をあてにして、本試の再現を丸暗記して単位をとる。これは良い傾向ではないです。
再試とは、本試のときに足りなかった実力をつけてもらうために行うのに、これでは本末転倒ですね。

ただし、資格を目指すための高度な勉強をしているなか、本試で失敗してしまった時に即アウトというのはたしかに厳しいのかもしれません。
チャンスをあげたいとも思います。

こうすれば良い。という最善の方法はないと思います。
でも再試を行う以上、本来の目的に沿った正しい形で運用されることを望みます。

No.155 No Title 返信
[ 2017/02/13(Mon) 21:23:52 ] no name
網膜対応の定義では、左右各々が一定の視方向を持つ。
とあり、網膜正常対応の説明では両側の中心窩が共通の視方向を持つ。
とあるのですが違いがいまいち分かりません。
No.157 Re:
[ 2017/02/13(Mon) 23:21:26 ] 佐々木
一つ目(網膜対応)の説明は、右眼の網膜のある部分と、左眼の網膜のある部分が対応していることを示しています。
どの部分が対応しているかは指定されていませんので、
右の中心窩と左の中心窩が対応していることを指している(正常対応)かもしれないし、右の中心窩と左の道づれ領が対応している(調和性異常対応)ことを指しているのかもしれません。
とにかく、異常正常を問わず左右の網膜が対応していることを説明しています。

対して2つ目の説明は、両眼の中心窩が共通の視方向を持つ。
つまり、右と左の中心窩同士が対応しているという説明ですので、網膜対応の中でも、正常対応に限定した説明。ということになります。
No.158 Re:
[ 2017/02/14(Tue) 07:07:12 ] no name
おはようございます。早い返信で助かります!納得できました、ありがとうございます。

No.153 No Title 返信
[ 2017/02/13(Mon) 14:12:24 ] noname
Hessの検査結果で内直筋麻痺と核間麻痺の結果って似てると思うのですが図だけみて判断ってできますか?
No.154 Re:
[ 2017/02/13(Mon) 18:39:17 ] 佐々木
Hessだけではその2つの鑑別は難しいでしょう。

どちらも内転障害を示す疾患で、眼球運動はとても似ています。

核間麻痺にだけみられる特徴として、「内転はできないが輻湊ができる」、「健眼の外転時の解離性眼振」などがありますが、これらはHessでは見つけられませんね。
視診などで上記の特徴がないかを判定します。

さらに、頭部画像診断で原因となる病変部位を特定することも鑑別につながります。
No.156 Re:
[ 2017/02/13(Mon) 21:45:34 ] noname
そーですよね。
わかりました。ありがとうございます!

No.149 No Title 返信
[ 2017/02/12(Sun) 19:30:49 ] no name
弱視治療で潜伏眼振の症例に完全遮蔽を行ってはいけない
理由は何ですか?訓練効果がないから、でいいでしょうか?
No.151 Re:
[ 2017/02/12(Sun) 23:08:10 ] 佐々木
その通りです。

潜伏眼振の症例に完全遮閉をすると、眼振が出てしまいますね。
眼振が強く出ている状態では弱視眼の視力はさらに低下してしまうので、訓練効果が得られません。
なので、眼振が出ないような訓練法(ペナリゼーションなど)を選択します。

以下、余談(覚えなくていいです)

潜伏眼振がある弱視の子は意外ににたくさんいます。
斜視弱視の主な原因である乳児内斜視はDVDを合併していることが多く、DVDには潜伏眼振が高い頻度で見られるためです。

では、そういう症例の治療にみんなペナリゼーションをやるかというとそんなことはなく、完全遮閉をすることが多いです。
よっぽど眼振が強くでなければ完全遮閉で効果が出ることが多いのです。

教科書的には、潜伏眼振に対する完全遮閉はNG(効果が出ないから)、となっていますが。
実際には、眼振の振幅が弱かったり、中心で止まっている時間(foveation timeもしくはfoveation periodといいます)が長い場合は、完全遮閉をトライすることが多いと思います。
No.152 Re:
[ 2017/02/13(Mon) 12:48:32 ] no name
納得しました!ありがとうございます

No.144 No Title 返信
[ 2017/02/11(Sat) 22:34:56 ] noname
夜からすみません。
外斜視の屈折矯正で近視は矯正。遠視は裸眼視力不良
または眼精疲労がある時ってあるんですが、それ以外は矯正しない理由は遠視は網膜よりピントが後ろにありどこを見るにしても調節しないといけない。矯正すると調節しなくていいためですか?
曖昧なので教えてください。
No.145 Re:
[ 2017/02/12(Sun) 15:37:06 ] 佐々木
気づくのが遅くなりすみません。

外斜視の遠視を矯正しない(もしくは低矯正にする)ことがあるのは以下の理由です。
遠視を矯正しない→調節しないと見えない→調節することで調節性輻湊が起こり目が寄る(外斜視が軽減する)。
ということですね。
同じ理屈で、近視をわざと過矯正(遠視状態)にする、という方法もあります。

ちなみに、このことはどの資料に書いてあったのですか?
参考までに教えてください。


以下、余談。
余裕があれば読んで下さい

ただし、この考え方は賛否両論があります。
根本的に斜視が治るわけではないし、常に調節して見るため眼精疲労の原因にもなったりします。
帝京は基本的にこの考え方には否定的な意見を持っています。
(前回と前々回の帝京弱視斜視研究会は出席しましたか?この内容で激しい議論になっていました。)

特に小児の場合、外斜視の場合でも遠視は完全矯正します。
近視も意図的に過矯正にするようなことはしてはいけないと思います。
No.146 Re:
[ 2017/02/12(Sun) 16:25:13 ] noname
ありがとうございます!
中込先生の講義で外斜視の視能矯正というレジメです。
自分でメモっていて曖昧なってしまったので聞いて見ました。
帝京の弱視斜視研究会は前々回は参加しました!
No.147 Re:
[ 2017/02/12(Sun) 17:26:57 ] 佐々木
教えてくれてありがとう。
教科書的には、そのレジメ通り覚えて良いと思います。

先程言ったように実際の臨床では色々な考え方がありますし、患者さんの年齢や屈折の強さによって対応は変わるので難しいところですね。
No.148 Re:
[ 2017/02/12(Sun) 18:06:13 ] noname
わかりました!ありがとうございます。

No.140 No Title 返信
[ 2017/02/05(Sun) 14:42:31 ] no name
シノプトのスライドについてです;_;初歩的でゴメンなさい
他覚的→被検者の視力に応じた最小の
中心部がはっきりした異質図形
自覚的→異質図形
同時視→異質図形
融像→融像(相似)図形
立体視→視差のる融像(相似)図形


異質図形→中心が空いてるものは簡単、柵などあると難しい
大きさは小さいほど難しい
融像図形→チェックマークが図形の外側にあるほうが簡単
内側にあるものは難しい

合ってますかね;_;
No.142 Re:
[ 2017/02/05(Sun) 15:42:06 ] 佐々木
はい、それで良いと思いますよ。
合ってます!
No.143 Re:
[ 2017/02/06(Mon) 08:50:39 ] no name
ありがとうございます!

No.139 No Title 返信
[ 2017/02/05(Sun) 13:58:45 ] no name
両眼視機能検査の目的とはなんと説明するのが正しいのでしょう
No.141 Re:
[ 2017/02/05(Sun) 15:40:19 ] 佐々木
簡潔に述べるなら、

両眼視機能の異常の有無と、その程度を判定すること。

でしょうか。

No.136 No Title 返信
[ 2017/02/04(Sat) 18:25:28 ] noname
訓練3は前期後期で受け持った先生の方が配分高いっていうことは佐々木先生の方が多いってことですか?
No.137 Re:
[ 2017/02/04(Sat) 20:32:54 ] 佐々木
そうですね。
概ね、受け持ったコマ数に応じた配点で問題を作っていると思っていただいていいと思います。
No.138 Re:
[ 2017/02/04(Sat) 20:51:59 ] noname
わかりました。
ありがとうございます。

No.128 再試について 返信
[ 2017/02/03(Fri) 18:56:20 ] R廣川
再試になってしまいました。
訓練1.2.4は神なのになぜ、3は落とされるのでしょうか?
テストは完璧だったはずです。実際の所どうなんでしょうか?
もう怒りが溜まってラグビーしたいずら。
なぜ落ちたのか全く分かりません。見直しても全問正解ですた。
本当は受かっていたのにあなた、私の事嫌いでしょ。
これでもし、再試が落ちるような事になったら、
私は大学を辞めると思う事もあるかなぁと、思っちゃったりしたりしなかったり。
とにかく、誰か助けて。ずら
No.131 Re: 再試について
[ 2017/02/03(Fri) 19:33:01 ] 佐々木
訓練3については、残念でしたね。
出来たと思っていた所で再試となり、ショックかとは思います。

当然ですが、テストの採点は厳正に行っています。
人生に関わることですので、ミスのないように細心の注意を払っています。

掲示板ではこれ以上の対応は出来かねますが、もしどうしても納得がいかない場合は可能な範囲で質問などにはお答えしますので、直接相談しに来て下さい。

No.120 No Title 返信
[ 2017/02/03(Fri) 15:23:23 ] noname
訓練3で頭位異常のところで回旋説と上下説あるのですが回旋説だけ理解すればいいですか?
No.123 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 15:54:01 ] 佐々木
「理解」ということであれば回旋説だけ分かっていれば良いです。
国試なども全て回旋説で考えるように作られていますので。

ただし、教えた身としてはせっかくだから頭の片隅に置いておいてほしいな。と思います。

回旋説さえしっかり習得できていれば簡単ですので、覚えてみて下さい。

上下説
 ・直筋は回旋説と反対の頭部傾斜
 ・斜筋は回旋説と同じ頭部傾斜

これだけです。
この一文だけ暗記しといて下さい。
No.124 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 16:38:51 ] noname
訓練3の再試では上下説と回旋説を別々に書く問題出ますか?
No.125 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 17:14:59 ] noname
見えにくいのですが左上斜筋麻痺の回旋説から考えると右に頭を傾けると右眼は内方回旋、左眼は外方回旋。
左に傾けると右眼は外方回旋、左眼は内方回旋ですよね。
左に傾けると左眼は内方回旋(上斜筋)を使わないといけないので反対に右に傾けると上斜筋を使わなくていいので回旋説はhead tilt to rightって考え方であってますか?
上下説は上斜視眼を上にすることから左上斜筋麻痺は上斜筋(下転筋)が麻痺して左上斜視になる。左眼上斜視になってるので左眼の反対右に傾けて、head tilt to righf。と言う考え方であってますか?
No.126 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 17:15:32 ] noname
見えにくいのですが左上斜筋麻痺の回旋説から考えると右に頭を傾けると右眼は内方回旋、左眼は外方回旋。
左に傾けると右眼は外方回旋、左眼は内方回旋ですよね。
左に傾けると左眼は内方回旋(上斜筋)を使わないといけないので反対に右に傾けると上斜筋を使わなくていいので回旋説はhead tilt to rightって考え方であってますか?
上下説は上斜視眼を上にすることから左上斜筋麻痺は上斜筋(下転筋)が麻痺して左上斜視になる。左眼上斜視になってるので左眼の反対右に傾けて、head tilt to righf。と言う考え方であってますか?
No.127 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 18:07:08 ] 佐々木
すみませんが、具体的にどんな問題を出すかは言えません。


でも、添付してくれた図と、その考え方で完璧に合っていますよ。すばらしい!


その考え方がどの筋肉でもできれば、どんな問題を出されても解けると思います。
No.129 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 18:58:37 ] noname
ありがとうございます!

No.119 No Title 返信
[ 2017/02/03(Fri) 14:57:03 ] no name
お忙しいところすみません。
去年矯正1の再試を受けた際本試より難易度があがったように感じました・・・
訓練3再試の難易度は本試と変わりますか?
難易度だけでも教えていただきたいです。・°°・(>_<)・°°・。
No.122 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 15:48:59 ] 佐々木
先生達の主観と、皆さんの感じる難易度は同じではない(というか食い違うことが多い)ので断言は出来ませんが、私は特に難しくしているつもりはありません。

本試験のときに理解が足りなかったところが必要なレベルに達しているかを確認するのが再試験ですので、特別に難しくしたり易しくしたりする必要性を私は感じません。

他の先生の問題についてはお答え出来かねます。


範囲も広く不安なことと思いますが、本試でなぜ点が取れなかったのかを分析して、勉強するようにしてみて下さい。

No.118 No Title 返信
[ 2017/02/03(Fri) 14:43:48 ] no name
ヘスと複像検査は眼球運動検査と書いてあるものと
両眼視機能検査と書いてあるものがありますがどちらも正しいのでしょうか
No.121 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 15:35:08 ] 佐々木
Hess赤緑試験と複像検査は、眼球運動検査です。

どちらも両眼視機能があることが検査の条件ですが、両眼視機能を調べているのではなく、眼筋の機能(眼球運動)を調べるための検査です。

No.115 No Title 返信
[ 2017/02/03(Fri) 01:05:46 ] noname
夜遅くにすみません。
訓練3の佐々木先生の前期、後期の範囲は問題変わりますか…?
量が多くてできる限り絞りたいと思っているのですが…
No.116 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 11:24:14 ] 佐々木
試験の具体的な内容についてはお答えすることは出来ません。

本試験でできなかった部分はできるようにしておいた方がよいと思います。
ただし、一つまえの質問でお答えしたように、,里笋衒ではなく、△里笋衒でですよ。

あとは私の範囲は、全範囲でチェックリストを配布しているので、それを活用して下さい。
No.117 Re:
[ 2017/02/03(Fri) 14:11:23 ] noname
わかりました!
ありがとうございます。

No.112 No Title 返信
[ 2017/02/02(Thu) 18:44:44 ] noname
右眼に基底外方、基底上方か左眼に基底外方、基底下方にプリズムを入れることはわかったのですが、それで右眼に120°左眼に330°になるのが理解できないです。教えてください🙇
No.113 Re:
[ 2017/02/02(Thu) 21:58:10 ] 佐々木
そこまで分かっていたらあと少しです。

右眼の基底外方=180°、基底上方=90°です。
その2つのベクトル(図の中の,鉢◆砲鮃臉すると、基底は斜め左上方向におけばいいことになります。
つまり90°〜180°の間であればどれも正解です。
(垂直と水平の斜視角が全く同じであれば、180°と90°のちょうど真ん中で基底135°になるはずですがそうとは限りませんね。水平斜視がほとんどで、垂直斜視がちょっとだけであれば基底170°とかになるし、垂直斜視がほとんどで、水平斜視がちょっとだけであれば100°とかもありうるわけです)

同じように、
右眼の基底外方=0°(360°)、基底下方=270°です。
つまり、その間(270〜360)の角度が正解です。
選択肢の中で該当するのは、330°だけですね。


この説明でわかりましたか?

正直この説明は、文章でするより、実際にお話したほうが簡単に伝わると思います。
わからなかったら遠慮なく、直接聞きにきてください。
No.114 Re:
[ 2017/02/02(Thu) 23:23:35 ] noname
ありがとうございます🙇♀
またやってみます!

No.105 notitle 返信
[ 2017/02/01(Wed) 18:56:10 ] noname
訓練3とか通年科目の再試験ってやっぱり通年なので問題数は増えますか?
No.107 Re: notitle
[ 2017/02/01(Wed) 21:42:07 ] 佐々木
科目によるのでなんとも言えませんが、試験時間は一定ですので前期分+後期分=2倍の問題数、とはなりません。
大体1回分の分量に前後期分が凝縮される感じかと思います。

訓練3のように色々な先生が担当するオムニバス形式の授業では、前後期トータルでたくさんコマ数を持っている先生の問題数(配点)は多く、コマ数の少ない先生の問題数(配点)は少なくなるのではないかと思います。
参考までに。
No.109 Re: notitle
[ 2017/02/02(Thu) 13:07:24 ] noname
ありがとうございます。全部の範囲のプリント覚えないとダメですよね…?勉強の仕方がわかりません😭
教えてください🙇
No.110 Re: notitle
[ 2017/02/02(Thu) 17:13:59 ] 佐々木
そうですね。
全範囲が試験の対象になので、覚える必要があると思います。

勉強法ですが、
前後期の試験にどんな問題が出て、どんなところが解けなかったか覚えていますか?

まずはもう一度、同じ問題を出されたときに必ず解けるようにして下さい。

ここで大切なのが、
「\飢鬚魍个┐討い襪ら解ける」
ではなく、
「△覆爾修療えになるのかを分かっているから解ける」
という状態でないと意味がない、ということです。

本試験で問題を出したということは、その部分が大切だからですね。
再試でも、似たような問題がでる確立が高いかと思います。

ですので、よく言われている本試の「復元」というものをやることも有効ではあります。
ただし、使い方を間違ってはいけませんよ。

,里笋衒では、少し出題の仕方を変えられただけで点は取れませんし、理解につながりません。
△里笋衒で、理解しながら勉強を進めることが大切だと思います。
 
頑張ってくださいね。
No.111 Re: notitle
[ 2017/02/02(Thu) 17:52:48 ] noname
ありがとうございます🙇

No.104 no title 返信
[ 2017/02/01(Wed) 15:41:39 ]
再試前に新4年生の授業がありますが、再試の勉強時間を削ってでも出席すべきでしょうか。もちろん、再試の勉強もして、授業にも参加するのが一番なのは百も承知なのですが……。少しでも再試に合格する可能性があるなら、授業を欠席して勉強しようかな…なんて考えが頭をよぎってしまいました。先生のご意見をお聞かせいただきたいです。
No.106 Re: no title
[ 2017/02/01(Wed) 21:36:08 ] 佐々木
そうですね。なかなかタイトなスケジュールで、再試などのことを不安に感じていることと思います。

個人的な意見として聞いてください。
授業に出るということを、再試の勉強のメリハリにしてはどうでしょうか。

もし仮に授業に出なかったとして、丸一日すべての時間を再試の勉強に充てることができるでしょうか?当然無理ですよね。
授業は朝から夕方まで丸一日詰まっているわけではありませんので、うまく活用してみてはいかがでしょうか。

・授業のために規則正しい時間に起きて学校に来るというリズムを作る。
・再試の勉強で行き詰った脳をリセットする。
・学校に来て友人と会い、試験の情報交換をする。
・授業に来たついでに先生のところに行き、質問をする。

思いつく限りでもメリットはあります。
ただ闇雲に、だらだら長い時間勉強するよりも、いい面があるかもしれません。

効率のいい勉強を1時間することは、効率の悪い勉強10時間に勝ります。
訓練学靴燃Г妨せた、ラーニングピラミッドを思い出してみてください。

メリハリをつけ、効率よく学びましょう。


具体的にうまくいかない部分があったらまたなんでも聞いてくださいね。
出来る限り力になりますよ。
No.108 Re: no title
[ 2017/02/02(Thu) 00:20:17 ]
出席します〜∩(´;ヮ;`)∩ありがとうございます!

No.102 No Title 返信
[ 2017/01/11(Wed) 23:52:33 ] 匿名
このスライドで左眼抑制になる意味がわかりません
右眼抑制だと思うのですが
よくわからなくなってしまいました
No.103 Re:
[ 2017/01/12(Thu) 07:19:20 ] 佐々木
スライドのミスのようですね。
右抑制で正しいです。

スライドのようにバゴリニを装用した場合、
右眼は左上から右下の線状光、
左眼は右上から左下の線状光が見えるので、
右眼の像が消えていることになりますよね。

No.97 No Title 返信
[ 2017/01/10(Tue) 01:36:47 ] 匿名
少し遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。夜遅い時間に申し訳ございません。
先生の範囲ではないところから失礼致します。
DuaneI型では外転障害がみられます。これは外直筋が働かないためです。これは理解できました。
DuaneII型では内転障害がみられます。これは内転時に内直筋と外直筋が働いてしまうためです。ここからあれ?と思ってしまいました。
ちなみに、
DuaneIII型では外転障害と内転障害がみられます。これは内転時と外転時に内直筋と外直筋がどちらとも働いてしまうからです。

II型とIII型の考え方からすると、I型でも内転障害が見られるように考えられます。内転時は外直筋と内直筋が働くためです。ですが視能学には内転時は眼球後退と瞼裂狭小としか書いてないです、、
理屈が通じないような問題なのでしょうか?教えてください先生。
No.98 Re:
[ 2017/01/10(Tue) 02:12:45 ] 匿名
先生、追加で質問失礼致します。
なぜIII型は内転時にのみ瞼裂狭小と眼球後退がおき、外転時にはおきないのでしょうか?
No.100 Re:
[ 2017/01/10(Tue) 13:26:56 ] 佐々木
あけましておめでとうございます。

正確には儀燭眛眦松祿欧鮗┐靴泙后
ただし、あっても軽度の場合がほとんどです。
「斜視と眼球運動」から図を転載したので、見てみて下さい。

2つめの質問に関しては、
Duane祁燭任蓮
内転時に内直筋も外直筋も強く収縮しているので、眼球後退と瞼裂狭小が起こる。
外転時は内直筋も外直筋の両方が収縮しているが、それほど強くないので、眼球後退と瞼裂狭小は起こらない。

というのが答えかと思います。


以下、少し高度な話です。

さて、儀燭瞭眦昌には、内直筋と外直筋が同時に収縮するのになぜ内転ができるのでしょうか。不思議なようですが、これは筋の収縮する強さのバランスによるものです。

視能学p386の図5では、各筋肉の放電の有無しか書かれていませんが、
Duane症候群の内転時の内直筋と外直筋は、通常よりも強く収縮していることが明らかになっています。
つまり、普通の収縮の強さを + 1個としたとき、、、

Duane儀
    内転時 外転時
外直筋  ++   −
内直筋 +++  −

※内転時には内直筋が勝っているので、内転はできる。


Duane況
    内転時 外転時
外直筋  ++   +
内直筋  ++   −

※内転時には、内直筋と外直筋が拮抗しているため、内転できない。


Duane祁
    内転時 外転時
外直筋  ++   +
内直筋  ++   +

※内転時も外転時も、内直筋と外直筋が拮抗しているため、内転も外転もできない。
内転時に内直筋も外直筋も強く収縮しているので、眼球後退と瞼裂狭小が起こる。
外転時は内直筋も外直筋の両方が収縮しているが、それほど強くないので、眼球後退と瞼裂狭小は起こらない。

のような感じだと思って下さい。
(+の数は、イメージです)
No.101 Re:
[ 2017/01/10(Tue) 16:04:24 ] 匿名
先生ご丁寧にありがとうございました!
理解することができました!助かりました、、

No.89 No Title 返信
[ 2017/01/07(Sat) 16:01:24 ] 匿名
こんにちは!質問があります。内斜視では共同性と非共同性がありますが、外斜視ではこの分類分けはされないのですか?

それと、生理的トーヌス分が佐々木先生の授業では0.50D〜1.00Dでしたが、中込先生の授業では0.25D〜1.00Dでした。0.25Dの差なので目安ではあるとは思うのですが、どちらで答えるべきか解答で迷ってしまいそうです。どちらの覚え方がいいですか?
お願いしますm(__)m
No.91 Re:
[ 2017/01/07(Sat) 18:05:57 ] 佐々木
内斜視にかぎらず、すべての斜視(外斜、上斜、下斜)は共同性・非共同性に分類されます。

共同性斜視は、すべてのむき眼位で斜視角が(ほとんど)変わらないもの。つまり眼筋の麻痺や過動がないものです。

非共同性斜視が、むき眼位により斜視角が変わるもの、つまり眼筋麻痺や機械的斜視です。

例えばシノプトの結果が

|−15°|−15°|−15°|
とかなら共同性外斜視。

|−10°|−15°|−20°|
なら非共同性外斜視。

ということですね。


次に生理的トーヌスですが、、、
教科書などでは0.50D〜1.00Dとなっている場合が多いように思います。
ただ、どちらで回答しても、不正解にすることはないですよ。

あなたの言うように、あくまでも生理的トーヌスというのは目安で、人によって差があります。
多分、0.25Dの人もいるし、1.25Dの人もいます。

ですので、あまりに大きく外れていなければ、そこまで厳密でなくて良いかと思います。
No.96 Re:
[ 2017/01/07(Sat) 23:28:08 ] 匿名
ありがとうごさいます!




Password © 2004-2016 83net.jp