[ Mobile ] [ ホームページ ホームページ ]

質問用掲示板

視能矯正学科の質問用掲示板です。

佐々木 翔 助教 担当分
→ 視能訓練学, 視能検査学実習, 視能訓練学特講(弱視), コンタクトレンズの基礎, アプリ(Cover test Z, 進撃の固視検査)
についての質問を受け付けます。

匿名で質問などをしても構いませんが、以下のルールは必ず守って下さい。
・最低限の言葉遣い、礼儀は守ること。
・学生同士の雑談用には使用しないこと。
・特定の人の誹謗、中傷は絶対にしないこと。
(佐々木への意見や、文句はOKです)
Name Mail
Title URL
Icon   Color
File

No.287 No Title 返信
[ 2017/05/25(Thu) 19:53:09 ] 匿名
佐々木先生こんにちは。視力検査について質問です。
実習先でとある患者さんにレンズをかざしてどちらが見やすいですか?と聞いたところ、
「こっちのレンズはぼやけるけどわっかがひとつになる。もうひとつは、はっきり見えるけどわっかがふたつになる」
と言われました。このときかざしたのは球面レンズなのですが、どちらのレンズを採用するのが正しかったのでしょうか。また、シリンダーをいじってないのにランドルト環がひとつになったのは何故でしょうか。最小錯乱円の位置などを考えるのがとても苦手なので、良ければ教えてください。

No.284 No Title 返信
[ 2017/05/22(Mon) 19:41:46 ] MMP
レフや眼圧を測るときに台の高さと顎台の高さを患者さんの姿勢に合うように調整するコツがあれば教えてください。お願いします。
No.285 Re:
[ 2017/05/22(Mon) 23:24:09 ] 佐々木
2つコツがあります。

まず一つ目は、細かな調整はせずにとりあえずさっさと撮ってしまう。ということ(笑)
レフ、ノンコンの測定は上手にやれば一瞬です。
台の調整に手間取って時間をかけているくらいなら、とりあえず最低限顔が乗っかった状態で素早くとってしまうのが患者さんの負担も軽いです。

とはいえ、あまりに無理な体制で取ると、測定値にも影響しますので、、、

コツ2つ目。
まず、顔を乗せてもらう前に患者さんの身長を見て光学台の高さを大まかに調整しておきます。やや高めにしておくのがコツです。
そして顎を乗せてもらいます。台はやや高めになっているので、このとき患者さんの額は浮いているはずです。
そこから光学台を下げていく(患者さんに、下げますと声をかけてください)と、額が額当てにくっつくタイミングがきます。
そのときの高さが、概ねベストな位置です。

低い状態から台を上げられると患者さんは不快感を感じますが、高い状態から下げられるのは大丈夫なんです。
はじめは高めから、低くしていくのがコツです。

ちなみに、顎台の高さは毎回はいじらなくてよいです。エラーが出たときだけ調整しましょう。
No.286 Re:
[ 2017/05/23(Tue) 12:44:26 ] MMP
ありがとうございます。

No.281 No Title 返信
[ 2017/05/18(Thu) 19:52:17 ] ダージリンティーをくれないか
大人の弱視が回復した例があると聞いたのですが、子供の頃に弱視治療をして完治しなかった人でも回復するのでしょうか??
もしご存知でしたら教えてください。
No.282 Re:
[ 2017/05/20(Sat) 10:54:33 ] 佐々木
そうですね。そのような報告はたまに聞きます。

わりと最近も、「自分の弱視を大人になってから自分で直し、弱視を直す会社を設立した人がいる」なんていうニュースもあったり。
ちょっと前には「テトリスをやると大人の弱視が治る(!)」なんていう報告もありましたが、その後いい話はききません。
大人になってから弱視が直せるとなれば、それはノーベル賞級の大発見ですからね。

現在の医学としては、ある年齢(8歳前後)で視覚系の神経可塑性は消失する=すなわち、視力の成長が止まると言われています。
この年齢のことを「critical period」といいます。要するに、視覚の感受性期の終わりの時期です。

ですので、critical periodを過ぎて、弱視が治癒することは考えづらいことです。
(critical periodは個人差があり、12歳位でも弱視治療に反応する子がいたりもしますが。さすがに成人してから〜〜というのは経験したことがありません。)


ただし、「大人の弱視が絶対に治らない」。ということではありません。
「今の医学では、直す方法が見つかっていない」に過ぎません。
卒研の説明のときにもお話しましたが、医療は日進月歩です。

医療の発達により、視覚系の神経可塑性を復活させる方法が見つかるかもしれません。


ここだけの話ですが、大人の弱視を直す方法を見つけることは、私の野望の1つです。
現在は予後不良と言われている、全ての弱視を直すことができる方法がないかと、日々考えています。
No.283 Re:
[ 2017/05/21(Sun) 02:43:31 ] ダージリンティーをくれないか
そうですか…🤔
ありがとうございました。m(__)m

No.278 No Title 返信
[ 2017/05/16(Tue) 13:42:47 ]
両眼加重とはなんですか?
No.279 Re:
[ 2017/05/17(Wed) 11:59:05 ] 佐々木
人間の目は、片眼で見ているときより両眼で見たときの方が視力が高くなります。
それが両眼加重です。
大体、√2倍。すなわち、1.4倍程度の視力になるということが知られています。

例えば、
vd=1.0、vs=1.0の人を両眼で視力検査をすると、両眼加重により1.2〜1.5程度の視力が出ることが多いです。
No.280 Re:
[ 2017/05/17(Wed) 19:29:37 ]
ありがとうございます!

No.274 No Title 返信
[ 2017/05/15(Mon) 20:24:11 ] no name
中心性漿液性脈絡網膜症は黄斑部に局所的な漿液性網膜剥離を起こす疾患ですが、時に網膜色素上皮剥離(PED)を起こすと聞きました。なぜ時におこるのでしょうか?
No.276 Re:
[ 2017/05/16(Tue) 09:30:16 ] 佐々木
中心性漿液性脈絡網膜症というと、感覚網膜の漿液性網膜剥離(SRD)が典型的な所見ですね。

約20%〜の症例では、同時に部分的な色素上皮剥離(PED)が生じることがあります。
視能学p228に載っている中心性漿液性脈絡網膜症の症例は、まさにその典型例ですね。

なぜ起こるのかについては、まだはっきりしていないと思います(専門でないので全然詳しくないです)

中心性漿液性脈絡網膜症に色素上皮剥離を合併するのか・・・
色素上皮剥離に続発して漿液性剥離が起こり、結果として中心性漿液性脈絡網膜症になるのか。

など、色々な考え方があります。
中心性漿液性脈絡網膜症自体、原因や発症の機序などまだよく分かっていない部分が多いようですね。
No.277 Re:
[ 2017/05/16(Tue) 13:41:51 ] no name
ありがとうございます。

No.261 No Title 返信
[ 2017/05/09(Tue) 20:57:20 ] 佐々木
たまには、私からみんなに質問です。

これから特講が始まりますが、どんな内容を希望しますか?
担当の範囲は、ー綮襦↓⊃完性視覚障害、の2コマです。
それぞれ、直近の国家試験の解説は行います。

それ以外で、弱視のここがわからない。心因性のこういうところを詳しく解説してほしい。
などがあったら教えてください。

全てに応えることは無理かもしれませんが、なるべく講義に取り入れるよう頑張ります。

些細なことでもいいので、この書き込みに返信する形で答えてくれると嬉しいです。
よろしくお願いします。
No.265 Re:
[ 2017/05/10(Wed) 20:12:20 ] こわぱすえあがってけら〜っしゃい
小児の弱視治療用眼鏡は普通の眼鏡は何か違いはありますか?
No.266 Re:
[ 2017/05/10(Wed) 21:19:58 ] ままま
佐々木先生いつもありがとうございます。
弱視は先生のプリントがわかりやすいのでそれで勉強しようと思っています。
プレテストで出た心因性の視野の種類がたくさんあって、検査の種類がこんがらがってよくわかりません。講義で詳しく教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。
No.268 Re:
[ 2017/05/11(Thu) 16:04:36 ] 佐々木
>こわぱすえあがってけら〜っしゃい さん
答えてくれてありがとうございます。
基本的には、通常のメガネと変わりませんが、フィッティングなどの調整がより重要になります。
特講で少し話したいと思います。

>ままま さん
こちらこそありがとうございます。
心因性の視野については、やはり国試などにも出やすいので、特講で詳しくお話しようと思います。



他にも何か希望があれば、引き続き教えてください。
No.269 Re:
[ 2017/05/11(Thu) 23:32:23 ] 山崎パンの春祭り♫
弱視の治療期間についてもお願いします。
No.271 Re:
[ 2017/05/13(Sat) 17:21:04 ] こりん星
心因性視覚障害になったらどんな症状がでるか知りたいです。
No.272 Re:
[ 2017/05/13(Sat) 22:25:58 ] 佐々木
> 山崎パンの春祭り♫ さん
返信が遅くなりすみません。ありがとうございます。
そうですね。臨床的なことなのであまり触れられてこなかったところかもしれません。
特講で少しお話しますね。

>こりん星 さん
ありがとうございます。
心因性の症状は視力低下以外にも色々ありますし、国試にもよく出る部分なのでなるべく詳しく解説しますね。
No.273 Re:
[ 2017/05/14(Sun) 23:20:49 ] R廣川
とにかく国試で点を取るための技みたいなのがあれば
ご教授お願いします。僕が希望するのはそれだけですわ。
No.275 Re:
[ 2017/05/16(Tue) 09:14:20 ] 佐々木
>R廣川 さん
ありがとうございます。

やはりそれが重要ですよね。
なるべく国試に有益な情報を提示できるように頑張ります。

No.270 No Title 返信
[ 2017/05/13(Sat) 17:19:03 ] こりん星はあります
心因性視覚障害になったらどんな症状がでるか知りたいです。

No.263 No Title 返信
[ 2017/05/10(Wed) 16:42:26 ] noname
他覚的屈折値をパワークロスにすると近視性複乱視で自覚的屈折値をパワークロスにすると雑性乱視になる理由って何かありますか?
No.264 Re:
[ 2017/05/10(Wed) 17:25:10 ] 佐々木
調節ですね。

他覚的屈折(レフ)は近視寄りに出るのでそのようなことはあります。
逆にいうと自覚的屈折は、他覚より遠視寄りになります。


例えば、

他覚的屈折(レフ)が
−0.25D=C−0.75DA180°

で、

自覚的屈折が
+0.50D=C−0.75DA180°

のようになることはよくありますよね?


この例はまさに、他覚的屈折値は近視性複乱視で、自覚的屈折値は雑性乱視。という1例です。
No.267 Re:
[ 2017/05/10(Wed) 22:18:42 ] noname
ありがとうございます。

No.233 No Title 返信
[ 2017/04/15(Sat) 09:20:45 ] 匿名
初歩的な質問ですみません。
ハンフリーで加入度があると思うのですが、60歳で-5Dの人の加入度は+3Dで、入れるレンズとしては-2Dになりますよね?
しかし、視力検査などで矯正する場合は-5Dの人に+3Dを入れたら-8Dになりませんか?網膜の前で結ばれていたものが更にプラスを加えたことで前方に移動するので、、
色々混ざってしまい、よくわからなくなってしまいました。
No.234 Re:
[ 2017/04/16(Sun) 11:41:20 ] 佐々木
そうです。
−5Dの人に+3Dを入れると、−8Dの近視状態になります。
レンズの場合は単純に足し算でいいのですが、人の目の場合はちょっと違うのですね。
こんがらがりますよね。

これ、私もずっと不満だったんです。
だって、近視って普通の眼より屈折が強すぎる目ですよね?
だったら、3Dの近視の目は+3Dと記載すべきなのではないかと!
「+3Dの近視」の眼に−3Dのレンズをいれたら、±0Dになって正視化するわけだから計算もやりやすい!!

誰か変えてくれませんかね?
No.259 Re:
[ 2017/05/09(Tue) 06:36:52 ] 匿名
こんがらがってました。

佐々木先生に変えていただくのを待っています😂

返信遅くなり申し訳ありません
ありがとうございました。

No.254 No Title 返信
[ 2017/05/05(Fri) 21:48:57 ]
視能訓練士の年収ってだいたいどのくらいですか?
No.255 Re:
[ 2017/05/05(Fri) 21:54:54 ] R廣川
俺の親戚のおっさんの訓練士は400万貰ってるぜ〜🤑
No.256 Re:
[ 2017/05/06(Sat) 08:29:53 ] 佐々木
キャリアサポートセンターに行ってみるとイメージがつくと思います。
(事務の横のガラス張りのスペースです)
去年度の視能訓練士の求人票が大きなファイルにまとめてありますので、大体の給与が分かります。

月額の総支給額×14〜16

くらいが年収の目安です。
No.257 Re:
[ 2017/05/06(Sat) 08:32:00 ] 佐々木
>R廣川さん
学生への返信は、基本的には禁止です。
正しい運用のために、守ってくださいね。
No.258 Re:
[ 2017/05/06(Sat) 15:40:48 ] R廣川
分かりましたあ(゚∀゚)

No.248 No Title 返信
[ 2017/05/01(Mon) 22:29:57 ] ハイヒール・モモチfeat.ブルゾン
円錐角膜の対処方法で、
ハードコンタクトレンズ以外なんかありますか?
No.251 Re:
[ 2017/05/02(Tue) 08:53:45 ] 佐々木
少し前まではハードコンタクトと、角膜移植のみでしたが、最近は新しい方法が出てきています。
2つほど紹介します。多分国家試験などにはまだ出ないと思われますが、参考にしてください。


1.角膜クロスリンキング
ビタミンB2の目薬を点眼した後、紫外線を角膜に照射する方法。
角膜のコラーゲンが変化して、角膜の強度が上がります。これにより円錐角膜の進行を抑制します。

2.角膜内リング(ICRS)
角膜の中に半円のプラスチックのリングを2つ入れて角膜の骨組み代わりにし、強度を高めて進行を遅らせる方法。
元々近視の矯正法として考案されたのですが、円錐角膜にも効果があることが分かってきました。
No.253 Re:
[ 2017/05/05(Fri) 02:00:22 ] ハイヒール・モモチfeat.ブルゾン
ありがとうございます!

No.249 No Title 返信
[ 2017/05/01(Mon) 23:03:43 ] 本当に友達が欲しい。
スポーツでよく聞く動体視力って結局何のことなんですか?
No.250 Re:
[ 2017/05/01(Mon) 23:08:35 ] 本当に友達が欲しい。
鍛えられるんですか?
No.252 Re:
[ 2017/05/02(Tue) 08:58:07 ] 佐々木
私たちが普通に測っている視力visual acuity(VA)というのは、視標が止まった状態でどこまで小さいものが見えるかを調べています。
でも、日常生活では止まっているものばかりを見ているわけではありませんよね?

特にスポーツなどでは動いているものを見分ける能力が重要なので、それを評価する指標として動体視力というのがあります。
動体視力には以下の2種類があります。

kinetic visual acuity(KVA)
前後に動く(近づいたり遠ざかったり)ものを見分ける能力。

dynamic visual acuity(DVA)
横方向に動く物を見分ける能力。

それぞれ、ランドルト環が前後左右に動く特殊な検査装置で測ることが出来ますが、眼科ではあまり使用されていません。

鍛えられるか・・・ですが。
KVAは先天的なもので、あまり訓練効果は無いとされています。
DVAは、眼球運動や反応速度の訓練を行うことで高めることができるといわれています(駅のホームから、走っている電車の行き先を見分ける訓練などが有名ですね)。

No.245 No Title 返信
[ 2017/04/21(Fri) 17:44:53 ] あほ
こんにちは質問があります!
初歩的な質問で申し訳ないんですけど、教えてほしいです。
PPがorthoでCTをしたらesotになることってありますか?
esopだったらうなずけるんですけど、、、
No.246 Re:
[ 2017/04/21(Fri) 20:49:29 ] 佐々木
いや、すっごく高度な質問です。

ありますよ。
「間欠性内斜視」というのを想像してみてください。
間欠性外斜視の内斜版です。

教科書には載っていませんが、普段は正位を保っているけど融像を壊すと内斜視になってしまうものです。

調節性内斜視
交代性上斜位
固定内斜視のなりかけ

などは、間欠性内斜視のような表情をみせることがあります。
割とレアなケースです。
実習などで出会ったのですか?
No.247 Re:
[ 2017/04/21(Fri) 20:54:03 ] 佐々木
あ、質問の確認なのですが。

PP=primary position
CT=cover test

ですね?

つまり、ヒルシュベルグなどで見たときは正位なのに、カバーすると顕性の内斜視になってしまった。
ということですよね?

No.242 ( ͡° ͜ʖ ͡°) 返信
[ 2017/04/18(Tue) 21:15:32 ] 長澤ブルゾンまさみ
「上眼窩裂を通過するのはどれか選べ」
という問題で三叉神経が選択肢に入っていたら選んだほうがいいのですか??
No.243 Re: ( ͡° ͜ʖ ͡°)
[ 2017/04/18(Tue) 21:52:37 ] 佐々木
基本的には、選んでよいでしょう。
上眼窩裂は、三叉神経の第1枝(眼神経)が通っていますからね。

ただし、3股に分かれている三叉神経のうち、第2枝、第3枝は上眼窩裂を通っていませんので、一つ前の質問であったようなワンベストの問題には注意が必要かもしれません(そんな意地悪な問題はクソ問題だと思うけど)

たとえば、
上眼窩裂を通過するのはどれか選べ。
という問題で、選択肢に
滑車神経
三叉神経

という2つが含まれていたとしたら、ワンベストの回答としては滑車神経のほうを選ぶべきかな。とは思います。
ただし、こんな問題はちょっとナンセンスと思います。

というわけで、上眼窩裂は三叉神経を通す(ただし第一枝のみ)。と覚えておけば大丈夫です。
No.244 Re: ( ͡° ͜ʖ ͡°)
[ 2017/04/19(Wed) 14:28:17 ] 長澤ブルゾンまさみ
すっきりです!
どうもありがうとございます!( ͡° ͜ʖ ͡° ͜ʖ ͡ ͡° ͜ʖ ͡° ͜ʖ ͡ ͡° ͜ʖ ͡°)

No.237 No Title 返信
[ 2017/04/17(Mon) 16:18:42 ] なし
黄斑回避って後頭葉で起こるのはわかるのですが、視放線では起こらないのでしょうか?
アセスメントで視放線では黄斑回避は起こらないという選択肢になっていたり(p.129 41-25)、逆に黄斑回避があるから視放線の病変と書かれていました。(p.150 36-133 の解説)
結局どっちなのかわからなくなってしまいました。
わかりづらい質問ですみません。
No.240 Re:
[ 2017/04/17(Mon) 17:14:17 ] 佐々木
視放線って、結構長いんですよ。
視放線のスタート地点は外側膝状体ですが、そこから側頭葉を通り、後頭葉が終点です。

なので、一口に視放線の障害と言っても、そのどの辺がやられるかによって微妙に視野が違います。

視放線の前半部分(マイヤーループのとこ)が障害されると4半盲に。
視放線の中盤だと、半盲に(黄斑回避はない)。
視放線の終盤(≒後頭葉)で障害されると、黄斑回避型の半盲になります。


視放線後半部の障害≒後頭葉の障害と言い換えてよいでしょう。

ですので、p.129 41-25の問題は、
3.視放線も不正解とは言えません(視放線の後半部分の障害なら黄斑回避を示すから)。
ただし、明らかに正解なのが5.後頭葉なので、1つだけ選ぶならば5.が正解ということです。

このように、「1つ選べ」の問題では、正解らしいものが2つ以上ある場合は「最も正しい回答」を選ぶのが決まりです。
ワンベスト。といいます。


p.150 36-133 の解説は

「〜〜〜.したがって視放線の病変.」

となっていますが、正確にいくならば、

「〜〜〜.したがって視放線後部(後頭葉)の病変.」

と読み替えて下さい。
No.241 Re:
[ 2017/04/18(Tue) 01:19:09 ] なし
返信が遅くなってしまいすみません。ありがとうございます!とってもわかりやすかったです!本当に助かりました…!

No.235 No Title 返信
[ 2017/04/17(Mon) 14:56:49 ] 匿名
緑内障についてなのですが、
開放隅角緑内障と正常眼圧緑内障は同じものですか?あと、閉塞隅角緑内障と急性緑内障は同じものなのでしょうか?
色んな参考書を見てみると、なんとなく開放隅角緑内障の中で眼圧が正常なものは正常眼圧緑内障。閉塞隅角緑内障の中で急性のものが急性緑内障と書いてあったのですが、視能学では、まとめて書いてあり、どれが正しいのかわからなくなってきました。。
初歩的な質問ですいません。
お時間ある時で構いませんので回答お願いします。
No.236 Re:
[ 2017/04/17(Mon) 15:52:25 ] 佐々木
確かに用語が混同しますよね。難しいです。

まず、緑内障の大きな分類を覚えましょう!
緑内障は隅角が開いているか閉じているかにより、開放隅角緑内障と、閉塞隅角緑内障の2つに別れており、その中に細かな分類があります。

以下に大まかな分類を書きます。


★開放隅角緑内障
 →原発開放隅角緑内障(眼圧21以上)
 →正常眼圧緑内障 (眼圧21未満)

★閉塞隅角緑内障
 →原発閉塞隅角緑内障(慢性型)
 →原発閉塞隅角緑内障(急性型)=急性緑内障


開放隅角緑内障のなかで、眼圧が高いものを原発開放隅角緑内障、正常なものを正常眼圧緑内障と呼びます。
なので、開放隅角緑内障と正常眼圧緑内障は厳密にイコールではなく、開放隅角緑内障というカテゴリーの中に正常眼圧緑内障がある。という感じです。
外斜視の種類の1つとして、間欠性外斜視があるようなものです。

同じように、閉塞隅角緑内障というカテゴリーのなかに慢性のものと急性に発症するものがあり、急性のものをいわゆる「急性緑内障」とか「緑内障発作」という言い方をします。
ですので、閉塞隅角緑内障と急性緑内障も厳密にイコールではなく、閉塞隅角緑内障というカテゴリーの中に「原発閉塞隅角緑内障(急性型)=急性緑内障」がある。という感じです。

なんとなく理解できたでしょうか。
No.238 Re:
[ 2017/04/17(Mon) 16:20:07 ] 匿名
理解できました!
緑内障が混ざっていたので、きちんと整理でき助かりました。
ありがとうございました!!

No.230 No Title 返信
[ 2017/04/13(Thu) 14:59:56 ] パッドフット
1.2.3年とあまり真面目にやってこなかったので、勉強をしたいのですが一体何から手をつけたらいいのかがわかりません。この分野から入るといいかもしれない、みたいなアドバイスがあればお聞きしたいです。
No.231 Re:
[ 2017/04/13(Thu) 18:09:45 ] 佐々木
私も学生時代はそうでした。
3年生まで全く真面目にやってこなかったので、4年生になって真面目に勉強をはじめました。

個人的な経験で参考になるかはわかりませんが、「視能学を読む+自分なりにまとめてみる」ことをオススメします。

私は、眼の解剖を全く理解していなかった(網膜10層も言えませんでした)ので、まずはそこから。と思い、基本的な眼の解剖の部分から勉強しました。

オススメの勉強順は

_鯔 p2〜23

眼疾病学p264〜285

斜視p312〜386

ご祺文〆p208〜236

です。
△鉢は、前後してもOKだとおもいます。


どのような勉強法が合っているかは人それぞれですので、あくまで参考程度に考えて下さい。
視能学に手をつけてみて、なかなかペースが掴めなかったら、とりあえずアセスメントを先に解いてみるのもいいでしょう。


今からしっかり頑張れば十二分に挽回できますよ。
自分に合った勉強法を見つけられるように、色々試してみて下さい。
No.232 Re:
[ 2017/04/13(Thu) 20:37:45 ] パッドフット
ありがとうございます。解剖からやっていきたいと思います!

No.225 No Title 返信
[ 2017/04/12(Wed) 21:12:14 ] ありがとう松潤
コンタクトって何歳までつけられるんですか?
No.226 Re:
[ 2017/04/12(Wed) 21:48:13 ] 佐々木
角膜内皮などとの兼ね合いもあると思いますが、特に眼に問題がなければ何歳でも使用できるでしょうね。
ただし、肉体的な衰えなどにより自力でコンタクトを入れるのは難しくなってくるかもしれませんが。

個人的に経験した中で一番高齢だったのは、多分90歳台半ばくらいの患者さんですかね。
眼内レンズが発明される前に白内障手術をして無水晶体眼となり、その後連続装用タイプのコンタクトを使用されている方でした。

角膜などが元気なら、100歳を超えてもコンタクトは使用できると思います。
No.229 Re:
[ 2017/04/12(Wed) 22:06:39 ] ありがとう松潤
ありがとうございます!

No.227 No Title 返信
[ 2017/04/12(Wed) 22:04:06 ] ありがとう松潤
ありがとうございます!
http://...[URL]
No.228 Re:
[ 2017/04/12(Wed) 22:05:01 ] ありがとう松潤
間違えましたすいませんm(_ _)m

No.223 No Title 返信
[ 2017/04/09(Sun) 21:26:42 ] と🐣
視野についての質問なのですが、
両耳側半盲とは違う言い方をしたら異名半盲
になりますか?
語彙力がなくてうまく伝えられずすみません。
No.224 Re:
[ 2017/04/10(Mon) 11:05:54 ] 佐々木
異名半盲の中に、両耳側半盲が含まれる。というイメージです。


まず、同名半盲とは、両眼の視野の同じ側(つまり、右側+右側、とか左側+左側)の視野が欠ける半盲です。
同名半盲には、右同名半盲と左同名半盲があります。

異名半盲とは、両眼のそれぞれ違う側(つまり、右側+左側、とか左側+右側)の視野が欠ける半盲です。
異名半盲には、両耳側半盲と両鼻側半盲があります。

図を添付したので、そちらを見ると分かりやすいと思います。




Password © 2004-2017 83net.jp