[ Mobile ] [ 天使の杖でおいでやす 天使の杖でおいでやす ]

杖休め茶屋

そっと杖を休めて にっこりもがっかりも
みんなで分かち合い
まだ杖を持てない人や
手にした杖でなかなか一歩が踏み出せない人の
はじめの一歩への支えになれたら嬉しいです。
おでかけレポやおすすめ情報も大歓迎♪

★投稿の仕方★
投稿の入力フォームは5箇所。
(ニックネーム・メール・タイトル・URL・本文)
ニックネームと本文は必須です。

☆簡単な投稿の仕方☆
ページの右上の「mobile」というのをクリックすると
シンプルな画面に移動します。
最初に読み上げる「新規投稿」をクリックすると、
Name・Title・Message・OKの簡単ステップで投稿
できます。
新規投稿をクリックせずに「投稿一覧」を読む際は
タブではなく↓やctrl + ↓などで進んだほうが
メッセージに対しての返信がわかりやすいと思います。
Name Mail
Title URL
Icon   Color

No.264 アニバーサリー 返信
[ 2020/09/15(Tue) 22:33:35 ] ハウル
9月15日 開設2周年ですね。パンパカパーン!

この秋、そろそろ安全も大事にしながら、お出かけできるとよいね。
No.266 Re: アニバーサリー
[ 2020/09/17(Thu) 23:36:25 ] yuki
ハウルさん、こんばんは。
パンパかパーン、お祝いの音、ありがとうございます。
安全を大事にしながらできるおでかけ探し。
見えなくても楽しい、にプラスして探っていけたらと思います。
長距離移動ではなく身近なところに素敵なところいっぱいの京都だからこそ、ちょこっとでかけられるスポットが多いと嬉しいですよね。
おでかけ気分になれること、おでかけに備えること・・
考えてたらわくわくしてきました。
またお付き合いくださいね!

No.263 第7話をメーらせて戴きましたぁ♪ 返信
[ 2020/09/13(Sun) 11:50:34 ] HI
 yukiさん、こんにちはぁ♪。
えっ、7羽・・・ってほんとやぁっ・・・。
エヘヘ、いつも失敗を失敗じゃないようにして頂くフォロー、ありがとうございますぅ。
あっ、本文を忘れるところでありましたのね。
「第7話 大天使様だょ テンチェルちゃん♪」をメーらせていただきましたぁ。
よろしくお願いいたしますぅ。

返信で書きコしますとぉ、なぜかエラーが出ますのでぇ、こちらに書かせて
いただきましたぁ。
No.265 Re: 第7話をメーらせて戴きましたぁ♪
[ 2020/09/17(Thu) 23:25:07 ] yuki
HIちゃん、こんばんは。
早速第7話も読ませていただきました。
なんだかもう、どこかにテンちぇるちゃんの世界があるような気がしてなりません。
プロフィールの募集から、テンちぇるちゃんに命を吹き込み世界を与えてくださって本当にありがとうございます。
・・と、まだ感想が書けないのでアウトラインからのお礼になりましたが、第7話もほんとに楽しいお話でした。
書き込みの返信は、私もエラーになっちゃったのですが、Re:っていう返信のタイトルを消すといけました。
レンタル掲示板なのでよくわかりませんが、くせをつかんでやっていきたいと思いますので、お気づきの点があればなんなりとお知らせください。

No.261 第6話をメーリっておきましたのぉ♪ 返信
[ 2020/09/09(Wed) 23:00:37 ] HI
 yukiさん、こんにちはぁ♪。
第6話をメールでお送りさせていただきましたのぉ。
9月9日になんとか間に合いましたのね:笑:。
今回は天使らしいテンチェルちゃんを書きたくて書きましたのでぇ、
情景が上手く伝わってくれますと嬉しいのね。
予告の「大天使~」の方は思っていました以上に文字数が増えてしまいましたのでぇ、
7羽目として書きあがり次第メーらせていただきますぅ。
こちらにはちょっとシリアスな面も入れてみましたのですけどぉ、伏線は回収しない方向で
行きたいと思いますのですぅ:笑:。
あっ、いつも綺麗なアトガキと感想をありがとうございますのぉ♪。
感想って、書いてもらいますとぉ、やっぱり嬉しいですしぃ、モチベも上がりますので
チラッチラ、いえ、別に、チラッチラ、他の皆さんにも、チラッチラ、書いて欲しいなんて
チラッチラ、思ってなんかいないんだからね、チラッチラ、かっ勘違いしないでよね、チラッチラ。
でもチラッチラ、どうしてもチラッチラ、書きたいって言うんだったらチラッチラ、書いてくれてもチラッチラ、いいんだからねチラッチラ。
No.262 No Title
[ 2020/09/13(Sun) 09:30:14 ] yuki
HIちゃん、こんにちは。
今、メール読ませていただきました。
もう、ほんまに感動。
HIちゃんのほとばしる才能が泉となって
心を潤してくれるのを感じます。
まさに絵に描いたように天使らしいお話・・
あっ、ここではまだ感想言っちゃだめなのでした。
余計な感想つけないでよね、と思われてなくてほっとしました。

上の書き込みで、次回予告が「7羽目」となってるのが、
あたかも舞い降りてきた天使さんを数えるようで
そんな偶然のいたずらも偶然ではないのかもと思わせる
不思議で素敵な世界、いつも本当にありがとうございます。
皆様には、近日中に公開しますのでどうぞお楽しみに!

No.258 メーりっておきましたのぉ♪ 返信
[ 2020/08/09(Sun) 16:07:57 ] HI
 yukiさん、こんにちはぁ♪。 (^o^)ノ
梅雨明けとともに、太陽がギラギラの毎日ぃ・・・。
少しは空気を読んで、夕方ぐらいに一雨降らせるぐらいの配慮があってしかるべしだと思いますぅ。
ですのでぇ、第5話をメールでお送りいたしておきましたのぉ♪。
今回は初めて人間の男性が出てきますぅ♪。
果たして、テンチェルちゃんの恋の行方は!。
なぁんて話が書けますとぉ、私の引き出しももっと多くなりますのですけどねぇ:笑:。
あっ、そうそう、尺八と言いますればぁ、ずっと「ふぉぉぉぉ~ふおっふおっふお、ひゅぉぉぉ~」みたいな
感じだと思っていましたのですぅ。
ちょっと前にぃ、ラジオで「藤原 道山」って方の尺八演奏を聞きましたのぉ。
いえ、もうなにこの音色、リズム、スピード感、これ尺八なのぉっ!って演奏でしたのですぅ。
はっきり言って、尺八演奏でエアロビクスができますぅ:笑:。
尺八恐るべしと思いました今日この頃でございましたとさ。 (^▽^)y いえ~い
No.259 Re: メーりっておきましたのぉ♪
[ 2020/08/12(Wed) 00:07:56 ] yuki
HIちゃん、こんばんは。
暑さ寒さも笑いのネタにできるのが真の芸人だと
誰かが言ってたかどうかは知りませんが、いつも
笑いを運んできてくださりありがとうございます。
尺八は洋楽にも合うなあとは思ってましたが、
エアロビクスは思いつきませんでした。
うーん、やっぱり和服で端正に演奏する絵を
想像したいです。。

そして第5話♪わーい、お待ちしてました。
ありがとうございます。
人間の男の子、三郎さんかなあ?
(でも9月って言ってましたっけ?)
読ませていただくのを楽しみに、
もうひとやまがんばります!

HIちゃん、夏バテされませんように。
No.260 Re: メーりっておきましたのぉ♪
[ 2020/08/15(Sat) 10:43:39 ] yuki
HIちゃん、読ませていただきました。
ほんま暑い夏にぴったりの、いろんな意味で
涼しくなるお話、ありがとうございます。
感想いろいろいいたくなっちゃいますが、奥地チャックです。
なるべく今日か明日中にUPできればと思います。
人間の男性への期待も高まりますが、皆様どうぞお楽しみに!

No.256 チャリティコンサートのご案内 返信
[ 2020/08/02(Sun) 22:54:50 ] yuki
皆様こんばんは、yukiです。
尺八奏者の安田知博さんから、素敵なチャリティコンサートと
義援金受付のご案内をいただきました。
今できる支援をとお考えのかたはぜひ。

安田知博尺八コンサート
〜〜出会い、絆、そして未来へ、豪雨被災地にエールを!〜〜

 開催日: 9月5日(土)
午前の部: 11時半から13時(開場11時)
 午後の部: 14時半から16時(14時開場)
 会場: ふれあいセンター・ケリヤホール(大阪府島本町)
 出演: 安田知博(尺八)、石田綾(ピアノ)、澤田理絵(ソプラノ)、白須優子(ピアノ)
 入場料: 2千円(完全予約制)
 お申込み・お問い合わせ: 安田知博(yasudatomohiro@gmail.com 090-1081-4805)

<主な内容>
  ・尺八古典曲
  ・熊本県球磨川流域の民謡
  ・古関裕而作品
  ・朗読とピアノでつづる物語

<お申込みとお支払いについて>
 観覧をご希望の方は、まずメールか電話でご連絡ください。お支払い方法など、詳細をご案内いたします。午前と午後、内容は共通です。

<感染予防対策について>
 各種ガイドラインを遵守し、リスクの最小化と安全・安心の確保を図ります。会場は定員300人のホールですが、78人に制限されます。これによって、お客様同士の間隔や、ステージと客席との間隔を十分に確保できます。
 出入口での滞留と密集を防ぐため、完全予約制、事前振り込み制とします。出演者によるお出迎えやお見送り、お土産の受け取りなどは、控えさせていただきます。
 島本町からの要請により、お客様全員のお名前と連絡先を把握したうえで、必要に応じて島本町に情報提供を行います。当日の体温が平熱を1度以上上回っているなど、体調に不安がある場合は、入場をお控えください。
 今後の感染拡大状況などを踏まえて、お客様の安全が確保できないと判断した場合には、延期などの適切な措置を取ります。お申込みをいただいた方には、迅速にご報告をさせていただきます。

<チャリティーについて>
 コンサートの収益の一部を、京都熊本県人会を通して、球磨川流域など豪雨被災地に義援金としてお届けします。寄付をお考えの方も、メールか電話でお知らせください。

<会場へのアクセス>
 所在地: 大阪府島本町桜井 3-4-1
 最寄り駅: JR京都線「島本」(徒歩7分)、阪急京都線「水無瀬」(徒歩15分)
 ターミナル駅からのアクセス:JR京都・新大阪・大阪などから、快速または普通列車。阪急河原町・十三・梅田などから、準急または各駅停車。
 JR京都駅からは18分、310円
No.257 出演者プロフィール
[ 2020/08/02(Sun) 22:58:46 ] yuki
 安田知博(尺八): 熊本県山鹿市出身。京都市在住。先天性の視覚障害。
熊本盲学校在学中に尺八を始める。
「全国邦楽コンクール」で、2003年と2005年に優秀賞を受賞。
和楽器ユニット「おとぎ」のメンバーとして、京都・奈良・神戸・富山・鳥取・愛媛・熊本など各地でコンサートを開催。
学校でのコンサートや和楽器授業にも積極的に取り組んでいる。
ピアニスト石田綾との共同企画ライブ「混ぜるな危険」も好評を博している。

 澤田理絵(ソプラノ): 福岡県出身。筑波大学附属盲学校を経て武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。
ベートーヴェン作曲第9交響曲や宗教曲のソリスト、オペラガラコンサートや新作初演など、独自の活動を展開している。
オペラでは「ランメルモールのルチア(ルチア)」、「魔笛
(夜の女王)」などを得意としている。

 石田綾(ピアノ): 京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業
多ジャンルの音楽を学んで表現の幅を広げ、ソロ・室内楽・声楽伴奏を中心に活躍中。2008年、吹田市交響楽団と、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を競演。色彩感豊かでダイナミックな演奏と好評を博す。子どもの自己肯定感・情緒知能を高める『リズム遊び』『ことば遊び』ボディパーカッションやクラップミュージックのイベントを多数主宰し、好評を得ている。

 白洲優子(ピアノ): 武蔵野音楽大学ピアノ専攻卒業、同大学院ピアノ専攻修了。
京都バレエ専門学校レッスンピアニストを経て、現在、旭堂楽器店音楽教室ピアノ科講師。

No.252 書けましたぁ♪。 返信
[ 2020/07/12(Sun) 11:25:01 ] HI
 yukiさん、こんにちはぁ♪。 (^▽^)y 
 本当はぁ、7月7日に合わせましてぇ、ロミオとジュリエットを演じる牽牛と織姫を
クッキーやおかきを手に見るテンチェルちゃん一行ってなお話を考えていましたのですけどぉ、
オチがつきませんでしたのでぇ、別のお話になりましたのですぅ。
ただぁ、さらにボリユームが増し増しになってしまいましたので(19kb)、メールで
送りましょうと思いましたのですけどぉ、送り先って「問い合わせ先」で
よろしかったのでしょうかぁ?。
送信アドレスが確認でき次第お送りさせて頂きますぅ。
No.253 Re: 書けましたぁ♪。
[ 2020/07/13(Mon) 20:43:43 ] yuki
HIちゃん、こんばんは。
すごい!HIちゃんの中に宇宙が広がってるのを感じます。
というかHIちゃんが宇宙です。
ひとつの物語が形をなす背景に、
たくさんの物語が繰り広げられてるんですね。
星空のロミオとジュリエット、私もテンちぇるちゃんと一緒に
おやつ片手に見たかったです。
うまくオチがついて、来年登場してくれないかなあ(笑)
といいつつ、ボリューム増し増しのお話楽しみにしてます。
ありがとうございます!
メールは問い合わせ先の
info@invisiblekyoto.org
で大丈夫、と思います
(大丈夫じゃなかったら連絡させていただきます)

実はうっかり掲示板に気づかずにいたら、
HIちゃんからspecialお中元があるということ、
お友達が教えてくれました。
みんなで楽しみにしてます!
No.254 Re: 書けましたぁ♪。
[ 2020/07/14(Tue) 08:53:47 ] コスモHI
 yukiさん、おはようございますぅ♪。
メールでお送りさせて頂きましたのね。
♪。
一応、本文中と添付ファイルに書いてありますのでぇ、使いやすいとかぁ、
ちゃんと表示されています方を:笑:使って頂けましたらと思いますぅ。
ではではぁ、またねぇなのぉ♪。 (^▽^)y いえ~い
No.255 Re: 書けましたぁ♪。
[ 2020/07/14(Tue) 19:16:17 ] yuki
HIちゃん、メール届いてました。
泣きました!
私もテンちぇるちゃんが・・
(あっ、今回はまだ掲示板でお話が公開されてないので感想言っちゃだめなのでした。掲示板でうかがい知れるのは「今回は長いぞ」ということだけなので、そこにだけふれると、長さをまったく感じさせないところがまた感動でした、とだけ言っておきます)
HIちゃん、いえ、コスモHIちゃん、ほんとすごいです。
週末になると思いますが、第4話、更新させていただきます。
感謝しかありません。
ありがとうございます。
皆様どうぞお楽しみに!

No.250 点字京都がニュースに 返信
[ 2020/06/14(Sun) 21:34:49 ] yuki
こんばんは。
「ニュース おいでやす」の時間です(笑)
えー、日頃私たちに様々な情報を届けてくれている、京都視覚障害者協会発行の「点字京都」では、相次ぐイベントの中止で掲載記事がなくなりかけた中、地域に即したコロナ情報を、視覚障害者目線でまとめた特集号を発行してくださいました。
そしてなんと!その取組みが
「ニュース おいでやす」
・・・ではなく
NHK総合テレビ(京都)の
「京いちにち」
というニュース番組で報道されました。
必要な情報を届けたいという想い、そして
みんなで乗り越えようというエールを込めて
発行してくださった皆様、ありがとうございます!
↓京都じゃないかたも「点字京都」の深奥を覗けちゃう♪
http://...[URL]
以上「ニュース おいでやす」でした。
次回もお楽しみに~
ピロリン
No.251 Re: 点字京都がニュースに
[ 2020/06/16(Tue) 19:42:34 ] HI
 yukiさん、こんにちはぁ♪。 (^▽^)ノ
ちょっと笑ってしまいましたぁ♪。

No.242 雨降りだょ テンチェルちゃん♪ 返信
[ 2020/06/06(Sat) 07:39:15 ] HI
 しとしとと降り始めた雨の中、慌てたテンチェルちゃんが山の中の寂れたバス停に
飛び込んできました。
「あ~、もうひっど~いっ、急に降りだしてくるんだもんっ!」
おやおやかなりお冠な様子ですね。
天使でもやっぱり雨に濡れるのは嫌なのでしょう。
バタバタと羽を小さく羽ばたかせ、付いていた水滴を振り払うと「はぁ~」と
軽く息を吐き出します。
なんとなくバスの時刻表を見てみますと、午前中に1本、午後に1本となんとも
「the 田舎」という言葉が似合いそうな運行状況でした。
そうしている間にも雨足はどんどんと強くなり、バス停の屋根のトタンを叩く音が
眠りを誘うものから、辺りの音をかき消すものへと変わってきました。
「あ~、これはしばらく上がりそうにはないようね・・・。」
諦め顔のテンチェルちゃんは並べてあるベンチに腰掛け、両手でアゴを支えて
ボンヤリと雨の降る様子を眺めていました。
どのぐらい時間が経ったでしょうか、そろそろテンチェルちゃんの辛抱も
尽きかけようかという頃、雨音に混ざってパチャパチャと水を踏みしめる音が
聞こえてきたのです。
相変わらずトタンを叩く雨音は周囲の音をかき消そうとしていますが、状況に
飽き始めたテンチェルちゃんの耳は見事その仕事を成し遂げていましたのです。
「なんだろう?」
と雨に煙る中をじっと見つめていると、ぼんやりとした人影が見え始め、
それが徐々に濃くなってきました。
どうやら、こんな雨の中で誰かが走っているようです。
ただ、真っ直ぐ走っているのではなく、あっちへフラフラ、こっちへふらふらと
蛇行しながら走っています。
スピードも随分とゆっくりとしたものですし、手もだらんと垂れ下がり、かろうじて
前後ろに動かしている程度のものでした。
やがてテンチェルちゃんがいるバス停の前にやってきましたが、もう走っているのか
ふらついているのかわからないような動きとなり、いかにも自然な感じで雨の中に
倒れこんでしまいましたのです。
そのあまりにも自然すぎる倒れ方に、テンチェルちゃんも
「・・・?えっと・・・?。」
と目を細めて見入ってしまったほどでした。
ようやくなにが起こったかを認識したテンチェルちゃんは、
「きゃ~~~っ!、大変大変大変~っ!」
と、大慌てでその倒れている人を屋根の下に引っ張り込んだのでした。

(CMキャッチ)
「テンチェルちゃん」「テンチェルちゃ~ん」「テンチェルちゃぁ~ん」
「ハァ~イ、テテンチェルチェル、テテンチェル~♪」
No.243 Re: 雨降りだょ テンチェルちゃん♪
[ 2020/06/06(Sat) 07:46:45 ] HI
 その倒れていた人は、ぽっちゃり系の女の子で、寝かされたベンチの上で
眉間にシワを寄せながらも、静かな寝息を立てていました。
顔はこの地域の人の特有である平たい顔つきですが、飛びぬけて美人さんとか
個性的ということもなく、どこにでもいるごくごく平凡な女の子です。
服装はランニングシャツに短パン、スニーカーというマラソンランナーのような
出立ちでしたが、どうもなにか変です。
服装だけでなく女の子自身もなのですが、濡れているのに濡れていないように
見えるというなにやら不思議な状態だったのです。
とにかく、こんな濡れたまま寝かせておくこともできませんので、衣服だけでも
乾かしてあげることにしました。
「テテンチェルチェル テテンチェル~♪」
杖が天上を突き破ってしまい、一度やり直したことは秘密です。
ポッと彼女の傍で火の粉が弾け、次の瞬間にはトカゲを立ち上がらせたような
火の精霊サラマンダーが現れました。
身体は赤く光を放つ鱗に覆われ、口からはチロチロと舌の変わりに細い火が
噴き出しています。
そんな火の精霊が、腕組みをしたまま喋り始めました。
「なぁ、テンチェル、なぜ呼び出されたかはわかっちゃいるんだけど、
 一応 聞いてみるな。
 こいつを乾かすために呼ばれたってことで間違いないんだよな。」
じっとテンチェルちゃんを眺める、サラマンダーを彼女も見つめ返します。
「そうだよ。」
なに当たり前のこといってんの?と小首を傾げサラマンダーを見つめる彼女に
「いや、確かにものを乾かすのに火を使うのは間違っちゃいねえと思うんだけど、
 なんかこう違うんじゃないかって気もしないこともなくってさ。
 こうやっぱり俺を呼び出すんだからさぁ、なんかこうもっと血沸き肉踊るような
 ハードボイルドでワイルドなお願いってのもいいんじゃないかと思うわけ
 なんだけど、違うかな。」
テンチェルちゃんは、きらきらした瞳でサラマンダーをじっと見つめ言いました。
「サラくん、そんな事はどうでもいいから早くして。」
彼は諦めたように頭を軽く振ると、口を開け、コォ~~~と女の子に向かって
ほどよい熱風を吹きかけました。
女の子の服から蒸発した水が湯気となって、もうもうと立ち上がり始めます。
この調子ならどれだけ濡れていようと、あっという間に乾いてしまうでしょう。
どんどん湯気が上がっていきます。
すごい勢いで湯気が上がり続けています。
サラマンダーがちょっと不安そうに聞いてきました。
「なぁ、テンチェル、こいつ縮んでいないか?」
改めてテンチェルちゃんが覗き込んでみますと、確かに最初はべんちの4分の3ほども
あった彼女の身長が2分の1ほどに縮んでいます。
「多分だけど、こいつ水系の精霊かなにかだと思うぞ。」

(CMキャッチ)
「テンチェルちゃん」「テンチェルちゃ~ん」「テンチェルちゃぁ~ん」
「ハァ~イ、テテンチェルチェル、テテンチェル~♪」
No.244 Re: 雨降りだょ テンチェルちゃん♪
[ 2020/06/06(Sat) 07:49:24 ] HI
「わぁぁ、ストップストップストップッ!」
と、慌ててサラマンダーの口を塞いだテンチェルちゃんでしたが、急に口を塞がれた
彼の喉に熱風が逆流し、熱せられた口元を素手で掴んだテンチェルちゃんも
「「熱っ!熱っ!熱っ!」」
と二人でバス停の床を跳ね回ることになってしまいました。
手を振って熱さを冷まし、テンチェルちゃんは再び聖唱を唱えました。
「テテンチェルチェル テテンチェル~♪」
すると、今度は雨の降り注ぐ水溜りの中から水の柱が盛り上がり、人の形を
取り始めたではないですか。
それは髪をリボンでポニーテールに結わえたちょっと吊目がちでソバカスを散らし、
今にもフーセンガムをぷぅと膨らませそうな、いかにもアメリカンな
女の子が現れたのです。
ただ、衣服どころか身体すらも透き通っていて、向こうの景色が歪んで見えて
しまっています。
それはウィンディーネと呼ばれる水の精霊でした。
ウィンディーネが「はぁ・・・」といかにもな溜息を吐きながら、
「で、あたしになにか用?・・・」
とポケットに手を突っ込んだまま言ったのですが、サラマンダーがそこにいるのを
見つけると、吊目がちな目をさらに吊り上げ
「なんで火の奴がここにいるのよ、いい加減にしてよね!」
と両手を左右に広げると、水の球をいくつも周囲に浮かべ始めたのです。
サラマンダーも、ニヤリと口元を歪め、シッポをブンブンと左右に振り、
鱗の間から火を噴出し始めています。
一触即発の事態に、二人の間を引き剥がすようにテンチェルちゃんが割り込みました。
「はぁ~い、ストップ、ストップ!」
同時に水の精霊の見事な舌打ちがバス停の中に響き渡ります。
「ウィンディーネちゃん、ちょっとこの女の子を見て欲しいんだけど、
 この子、水の精霊なのかな?。」
更に忌々しそうにキレよい舌打ちをサラマンダーに咬ましてからテンチェルちゃんの
示したベンチを見やると、
「見たことない精霊だけど、かなり高位の精霊のようね。
 だけどなんでこんなに小さいのかしら?。」
ハッと何かに気が付いたウィンディーネは、素早い動きで後ろの二人を見やり、
「まさかとは思うけど、この子を乾かそうとかしてないわよね・・・。」
当然のようにビクンッと撥ねた二人の肩が全てを物語っていました。
その様子に何をしたのかを覚ったウィンディーネは
「全く信じられないわっ!」
とぷりぷりと怒りを顕にしながら周囲に漂わせていた水球を、次々と女の子に
注いでいったのでした。

(CMキャッチ)
「テンチェルちゃん」「テンチェルちゃ~ん」「テンチェルちゃぁ~ん」
「ハァ~イ、テテンチェルチェル、テテンチェル~♪」
No.245 Re: 雨降りだょ テンチェルちゃん♪
[ 2020/06/06(Sat) 08:01:07 ] HI
 やがて元のサイズに戻った女の子はしばらくもすると目を覚まし、透明な身体の
ウィンディーネを見て驚き、チロチロと火を吐くサラマンダーを見て怯え、
テンチェルちゃんを見て「天狗さん」とようやく安心してくれたのでした。
いつも天狗と間違われているテンチェルちゃんは、まだその天狗なるものに
会ったこともありませんので、落ち着いてくれるのならまぁいいかと
とりあえずそのままにしておくことにしました。
 彼女の名前は「梅子(うめこ)」さんと言って、梅雨前線をやっているという
ことでした。
最初は梅雨前線というのがよく判らなかったテンチェルちゃん達でしたが、それが
この地域といいますか国すら越えた地域の季節を司る精霊と聞いて
「それって神様じゃんっ!」
と真顔でひっくり返ってしまったほどでした。
「いえいえ、そんなたいした者ではありません」と頭と手を残像が残りますほど
ぶんぶんと振られましても、そんな広範囲に力を示せるのって神様か魔神
以外にはいません。
お互いに「それは」「いや、それは」と果てのない議論をしていましても
結論のでないことと、とりあえず棚上げをしておくことになりました。
どうやら梅子さんは、この国で前線と言われる姉妹の末っ子で、桜、
紅葉という姉達がいるということです。
ただ梅子さんは見ての通りあまり運動が得意ではないため、走るのが遅く
毎年がんばってはいるものの、本州と呼ばれる島を走りぬくことが精一杯で、
海を越えた北の島まで走りぬいたことがないのです。
だから他の姉妹達に「もし貴方が桜前線をやって北の島まで行けなかったら
どれだけの人が桜を見れずに終わってしまうことになるんだか。」
「もし、貴方が紅葉前線をやって、南の島か西の島まで行けなかったとしたら
 いったいどれだけの人が紅葉を見れずに終わってしまうことになるんだか。」
と、彼女の足の遅さを理由に梅雨前線しかやらせてもらえないと言うのです。
「私だって、梅雨がなかったらどんなことになるかは判っているし、それが
 大切なお仕事だって・・・、お仕事だっていうことは判っているの。
 でも、梅雨前線がやってきたって喜んでくれる人たちがどのぐらいいるって
 いうの・・・。
 私だって桜姉さんや紅葉姉さんのように皆が待ちわびて喜んでくれる前線を
 やってみたいの・・・。」
両手で顔を覆って泣き出してしまった梅子さんの肩をテンチェルちゃんの
温かい手がやさしく包み込みました。
ゆっくりと顔を上げた彼女の前には、大きな瞳から大粒の涙を流すテンチェルちゃんが
真っ直ぐに梅子さんを見つめていましたのです。
「判る、判るの、私には貴方の気持ちがっ!。
 梅子さんの心に突き刺さった痛みがどれほどのものかが判るの。」
涙を落としながら、静かに落ち着いた声で話しかける彼女の気持ちが梅子さんに
届かないわけがありませんでした。
初めて自分の気持ちを判ってくれる者に出会えたのでしょう、梅子さんの手と
テンチェルちゃんの手は自然と硬く握り合わされていました。

(CMキャッチ)
「テンチェルちゃん」「テンチェルちゃ~ん」「テンチェルちゃぁ~ん」
「ハァ~イ、テテンチェルチェル、テテンチェル~♪」
No.246 Re: 雨降りだょ テンチェルちゃん♪
[ 2020/06/06(Sat) 08:03:20 ] HI
「私には梅子さんの気持ちが痛いほど判るのっ。
 私だって、好きでこんな世界の果てにきたんじゃないんだもんっ!。」
梅子さんは、ちょっとキョトンとした顔をしてしまいましたが、テンチェルちゃんは
お構いなしでした。
「そうなの、最終テストのときだって、ほんのちょ・・・、ちょっとだけ点数が
 悪かったの、本当よ、ちょっとだけなのよ、ちょっとだけ。。
 それだって、前の晩に、友達と徹夜で遊ん・・・、友達の悩み相談に
 乗ってあげていたから眠くて気が付いたらテストが終わっていただけなのっ。
 だのに彼女はちゃっかりバルキリア隊のほうに研修先を決めちゃって、私は
 こんな世界の果てにっ!」
その時のことを思い出したのか、テンチェルちゃんは手を握ったまま、だんだんと
地団太を踏み始めました。
あの、梅子さんがどん引きしてますよ。
「そりゃ地の精霊との契約を結ぶ授業の時だって、あの地の髭オヤジが
 私のシルフ(風の精霊)をバカにしたから思わずぶん殴っちゃっただけじゃないっ!。
 そりゃ授業が中止になっちゃったのと、契約の聖地が元に戻るのに1ヶ月以上
 かかっちゃったのは悪いと思うけど、しかたがないじゃないのっ!。」
そしてテンチェルちゃんは、キリリとしたなにかを決心した表情となり、改めて
梅子さんを見つめたのでした。
「任せて、私が梅子さんを必ず北の島まで行かせてあげる。」
少し不安に思った梅子さんでしたが、それを断る勇気が彼女には
ありませんでした。

(CMキャッチ)
「テンチェルちゃん」「テンチェルちゃ~ん」「テンチェルちゃぁ~ん」
「ハァ~イ、テテンチェルチェル、テテンチェル~♪」
No.247 Re: 雨降りだょ テンチェルちゃん♪
[ 2020/06/06(Sat) 08:06:34 ] HI
 今、梅子さんは雨の中に立っています。
不安そうな眼差しをテンチェルちゃんに送ってみますが、彼女の硬い決意の前には
爪の先ほども届くことはありません。
「いい、大丈夫だから、今、私の風の精霊を呼んであげるから。
 そうしたら、北の島なんてあっと言う間だからね♪。」
梅子さんは、サラマンダーを見ました。
彼は、数度頷いた後、目線を外し、小さく親指を立ててくれました。。
次にウィンディーネに視線を送ってみました。
彼女は軽く肩をすがめると、仕方ないよねとでも言いたげな様子で、小首を
傾げました。
梅子さんは、最後にテンチェルちゃんを見てみましたが、やる気マンマンな様子で
頷かれ、ガッツポーズさえ見せてくれたのでした。
足元を見ると、水溜りの中にポッチャリとした女の子が、少し困り顔で映っています。
「じゃぁ いくよ~っ♪」
テンチェルちゃんの元気な声に続いて、明るい聖唱が聞こえてきました。
「テテンチェルチェル テテっ!・・・。」
天上に穴が開いたのでやり直しです。
「テテンチェルチェル テテンチェル~♪」
杖がクリーンヒットしたサラマンダーがひっくり返っていますが、気にせず
続けました。
やがて子供達の笑い声が辺りから聞こえ始めると、梅子さんの周りの雨粒が
風に煽られ、一瞬の静けさの後、突風が渦を巻き、彼女の身体を高く高く
持ち上げていったのです。
彼女の悲鳴は、風とともに空の彼方へと吸い込まれていきました。
後には、顎を痛そうに撫でるサラマンダーと、ポカンと口を開けて空を眺める
ウィンディーネ、そして
「梅子ちゃん、私もがんばるからねっ!」
と小さくエールを送るテンチェルちゃんの姿が残るだけでした。

 こんばんは、「ニュース、おいでやす」の時間です
先ずは、このニュースから
ピロリン♪ 
本日停滞していた梅雨前線の活動が活発になり、本州のほぼ全域に渡って
梅雨入り宣言が出されました。
また、同時に初めて北の島で梅雨前線が形成されたことが観測されています。
これは気象庁の観測史上初めてのことであり、今後の梅雨前線の動きに
注意が必要となります。
地域によっては例年より20日以上早い梅雨入りとなり、今年の梅雨は
長く続くものと予想されています。」
ピロリン
No.248 Re: 雨降りだょ テンチェルちゃん♪
[ 2020/06/06(Sat) 08:09:49 ] HI
「テンチェルちゃんプロフィール」

「風の精霊(シルフ)」
、テンチェルちゃんが大好き。
もう好きで好きで好き過ぎて暴走しがち。
高位の精霊が混ざっているため、テンチェルちゃんの精霊の中では一番強い力を
持っているが、テンチェルちゃん以外には興味がないので、意外と上手くやっている。
「火の精霊(サラマンダー)」
 二本足で立ち上がったトカゲの姿で、赤く光る鱗を持っている。
ハードボイルドを愛し、そんな状況での召還を望んでいるが、いまだそんな事態に
呼ばれた事はない。
「水の精霊(ウィンディーネ)」
 ポニーテールにアーモンド形の目とソバカスのアメリカンスタイルな女の子。
自分以外は皆頭が悪いと思っているし、サラマンダーとは犬猿の仲。
知識は豊富なので、テンチェルちゃん達の智恵袋。

 yukiさん、こんにちはぁ♪。
そろそろ梅雨入りってことで書いてみましたのぉ♪。
最初は雨といえばの「からかさ小僧」「と河童」の雨具コンビ:笑:の話にいたしましょうと
考えていましたのですけどぉ、普通の話にしかなりませんでしたのでぇ、大きく
梅雨前線のお話となりましたのぉ。
今回で13kb、「桜吹雪」の倍ぃ・・・。
いいのかしらん?と思いつつも、後悔はすれど半生はしないを合言葉に、
んじゃぁ、またねぇ~♪。 (^▽^)y
No.249 Re: 雨降りだょ テンチェルちゃん♪
[ 2020/06/09(Tue) 00:48:20 ] yuki
HIちゃん、こんばんは。
わぁ!またまたなんて素敵な物語!
大好きな雨を感じながら読ませていただきました。
HIちゃんの、自然の中からいろんな精霊さんを生み出す力、すごすぎます!
お話も、拵えたんじゃなくて自然の中から生まれたみたいに感じますが、最初は梅子さんじゃなくて雨具コンビ!?さんだったんですね。
そんな突飛なコンビの織りなす普通の話っていうのも気になりすぎますが(笑)
どこか憎めないキャラが続々と登場し、私自身に楽しい友達が増えていくみたいに感じています。
そんなhappyな物語、本当にありがとうございます。
HPのほうにも、今週末ぐらいにあげさせていただきたいと思います。
桜吹雪の時と、さりげなく合い言葉が入れ替わってますが、後悔も反省もどこかに置き去りにして、またいつでも来てくださいね!

No.239 まだやれる 返信
[ 2020/05/20(Wed) 21:59:28 ] ハウル
こんばんは。大活躍のテンチェルちゃんもこんばんは。

山下純一。全盲&車椅子のミュージシャン。
「まだやれる」などユーチューブでも聞けます。しみますよ。

http://...[URL]


5月31日 ライブ配信

http://...[URL]

ユーチューブ配信
生配信の日が、ご都合が悪いという方も1週間はアーカイブでご覧いただけますので、ぜひどうぞ!!
普段ライブハウスになかなか足を運べない方、ぜひこの機会に!!
この配信はコロナで苦境に追い込まれているライブハウスへの応援も兼ねております。
ライブハウスに育ててもらったミュージシャンですからね。
No.241 Re: まだやれる
[ 2020/05/22(Fri) 08:36:37 ] yuki
ハウルさん、おはようございます。
すぐに視聴できる動画のご紹介と、
5月31日のライブ生配信の情報のご紹介、ありがとうございます。
山下純一さんの、魂から魂に直に響く音楽、いいですね。
以前ライブで、目の前で生まれるその音楽に触れてから
ますますファンになりました。
居ながらにしてライブが聴けるなんて、コロナ台風の過ぎた世界は
いろんな扉が拓かれているのかもしれません。
ライブハウスの応援もぜひしたいですね!

No.236 浪漫飛行 返信
[ 2020/05/17(Sun) 14:54:15 ] HI
 yukiさん こんにちはぁ♪。 (^▽^)y 
テンチェルちゃんも単に移動いたします時には下を向いて飛びますのぉ。
背面飛びはぁ、日向ぼっこいたします時にいたしますぅ。
どちらかといいますればぁ、背面浮遊って感じですぅ:笑:。
「ふぃよふぃよ」はぁ、「ふわふわ」とか「ふらふら」って感じを可愛らしく
表現してみましたって感じなのね。
三郎くんはぁ、順調に書き進みましたらぁ、9月か10月頃に出てきますのでは
ないかと思いますぅ。
気長に待っててやっておくんなましぃ♪。
そんな感じなのぉ:笑:。
No.237 Re: 浪漫飛行
[ 2020/05/17(Sun) 23:21:18 ] yuki
HIちゃん、こんばんは。
あー、確かに、いつも仰向けだと桜が咲いてても気づかないですね。
背面飛行のテンちぇるちゃんを思い浮かべるとき、なぜか
ひっくり返ったダンゴムシを見つめた子どもの頃を思い出します。
このタイトルの浪漫飛行も懐かしい~。
そして、今頃はどこで何をしてるんだろうと
まだ見ぬ三郎くんの出番も楽しみにしてます!

HIちゃん、お風邪などひかれませんように。
No.238 Re: 浪漫飛行
[ 2020/05/19(Tue) 15:10:13 ] HI
 yukiさん、こんにちはぁ~♪。 (^u^)ノ 
「ひっくり返ったダンゴムシを見つめた子どもの頃を思い出します。」
このフレーズにはぁ、完全に心奪われてしまいましたのぉ~。
こんなyukiさんが大好きなのぉぉぉぉぉぉぉぉっ!。
もう アイ ラブ チュー なのぉ:笑:(-θ-) チュー
センス オブ ワンダーなのね。
団扇じゃダメなのぉぉぉっ。
そうそう、こんな小説がありますぅ。
http://...[URL]
「文系脳でごめんなさい」という「なろう小説」ってネット小説サイトにありますものなんですけどぉ、
エッセイ?でとても面白いのですぅ。
私「あっ、これのモデルは私なの」とyukiさんが言われましてもそのまま信じて
しまいますぅ:笑:。
んじゃぁ、またねぇ~♪。
No.240 Re: 浪漫飛行
[ 2020/05/22(Fri) 08:17:07 ] yuki
HIちゃん、おはようございます。
URLにあったエッセイ?の「大根おろし編」と「おでん編」を
拝読しましたが、すごいおもしろくてキケンな感じです。
また読みたくなる中毒性と、
思わず思考がアメリカンになりそうな感染性を感じました。
夢破れてひとり食むおでんのなんと切ない。
おでんにきゅんとなるとは思いませんでした。
うちわじゃなくてセンス・オブ・ワンダーもずっと読みたいと思いつつ
読めていないので、どこかで時間を作って読もうと思います。
ありがとうございます!




Password © 2004-2020 83net.jp