[ Mobile ] [ 短説と小説「西向の山」/トップページへ戻る 短説と小説「西向の山」/トップページへ戻る ]
西向の山/談話室(掲示板)
文藝サイト「西向の山」/小川和佑ゼミナールOB会/共用談話室(掲示板)
Name Mail
Title URL
Icon   Color
File
WriteKey 数字で入力⇒

No.168 西山様 どうも有り難うございます。 返信
[ 2014/04/18(Fri) 23:05:24 ] 安堂俊雄 [ Home ]
私どもも皆様に笑われぬ様に精進して参ります。今後ともよろしくお願いいたします。

No.166 「Web頌」5号発行しました。 返信
[ 2014/04/15(Tue) 23:58:50 ] 安堂俊雄 [ Home ]
突然の訪問失礼します。「データーが大きすぎる」とエラー。それで用件のみで失礼。「紫紺」のよしみで、作品、版画また当誌自体の作りなど、ご意見ご感想をお聞かせ戴けないかと、お願い申し上げます。
No.167 Re: 「Web頌」5号発行しました。
[ 2014/04/17(Thu) 14:16:28 ] 西山正義 [ Home ]
安堂俊雄様

ご連絡ありがとうございます。まだ全部ではありませんが、さっそく拝読いたしました。
コンスタントに発行を重ねられていることに敬服します。
感想をメールしました。また読みに伺います。

No.162 ブログ 返信
[ 2013/05/27(Mon) 22:38:22 ] マダム葉っぱ
リンク、貼ってくれませんかね。
No.163 Re: ブログ
[ 2013/05/28(Tue) 20:30:03 ] 「西向の山」管理人 [ Home ]
ブログの読者に正体がばれてしまってもよいならリンクします。
No.164 Re: ブログ
[ 2013/11/14(Thu) 12:57:04 ] 「西向の山」管理人 [ Home ]
たいへん遅ればせながらご報告。
8月6日にトップページのメインメニューにリンクバナーを貼り、
9月25日には「他家への門(リンク集−その1)」にもリンクを貼りました。

なお、この掲示板が、「画像(JPEG、PNG、GIF)の投稿に対応しました」ということなので、テストしてみます。
No.165 Re: ブログ
[ 2013/11/14(Thu) 13:23:38 ] 「西向の山」管理人 [ Home ]
もう一度テスト

わが家の猫“つばさ”ちゃんです。
2008年8月25日の写真ですが、ほとんど変わっていないですね。

No.160 随筆 返信
[ 2012/05/06(Sun) 18:18:43 ] 西山葉子
正義さん、つれづれ日記を書き込みたいんですが、いつ教えてくれるんですか?
No.161 Re: 随筆
[ 2012/05/07(Mon) 18:53:56 ] 西山正義
えっ、どこに書き込むのですか?
ホームページの中に? それともブログに?
逐次的に書き込むならブログがいいですが、
ブログばかり増やしても仕様がないし……。
ある程度まとまったら、ホームページにアップする?

No.158 詩マガジン PO 返信
[ 2011/09/02(Fri) 13:41:10 ] 五十嵐正人 [ Home ]
秋号に、小川先生の御本『桜文化と日本人 −美しい桜への招待』の書評を書きました。
この号の特集は「戦争と文学」です。小川和彦さんが「戦争と文学について 第一次世界大戦−−ドイツ語圏と旧チェコスロヴァキア共和国における近代文学の出発」を書いています。読みごたえある評論です。
No.159 Re: 詩マガジン PO
[ 2011/09/07(Wed) 14:30:00 ] 西山正義 [ Home ]
五十嵐さん、ご無沙汰しております。
情報をありがとうございます。
「PO」のような雑誌は本当に貴重ですね。

No.156 「小川ゼミ通信」Vol.26 返信
[ 2011/04/02(Sat) 21:45:54 ] 西山正義 [ Home ]
小川和佑ゼミナールOB会の皆様

 みなさん、地震は大丈夫でしたか。
 宇都宮は東京以上に揺れたかと思いますが、小川先生はご家族ともどもご無事です。あの本の量ですから、相当崩れて、あとが大変だったそうですが、ご自宅も特に損傷はないようです。
 私が知る限り、今回の東日本大震災の地震や津波で被災したり、福島の原発で避難しているOBはいないようですが、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 さて、東北にはまだまだ春は遠いわけですが、四月に入り、東京もようやく春めいてきました。
 今年ほど春が待ち遠しいことはなかったような気がします。近年になく長く寒い冬でした。
 春といえば桜、桜といえば小川先生、ということで、例によってテレビ出演のお知らせです。

【放送日】平成23年4月6日(水)
【放送時間】午後10:20〜午後11:05(45分)
【番組名】歴史秘話ヒストリア「桜の木に恋して〜日本人と桜の物語〜」
【チャンネル】NHKテレビ(総合/デジタル総合)
【案内役】渡邊あゆみアナウンサー

【あらすじ】春といえば桜。しかし日本の花見は桜ではなくむしろ梅が一般的でした。平安時代、京の都で起きた一大桜ブームから日本人が桜好きになった原点を探ります。戦国時代、豊臣秀吉が行った日本史上最大の花見「醍醐の花見」。華やかな花見の席で繰り広げられた美女たちの壮絶なバトルとは? 明治時代、文明開化の嵐が吹き荒れる中、江戸の貴重な桜も絶滅の危機に。日本の桜を守るために立ち上がった男たちの闘いとは? 日本人と桜の深い関わりをオムニバスで描きます。

 臨時ニュースで潰れないことを祈っています。
No.157 Re: 「小川ゼミ通信」Vol.26
[ 2011/04/07(Thu) 08:03:50 ] 西山正義 [ Home ]
●再放送(予定)
平成23年4月13日(水)16:05〜16:48
NHK総合(全国)

No.148 辻井喬 返信
[ 2008/12/27(Sat) 19:53:27 ] 五十嵐正人 [ Home ]
インターネットで注文していた「辻井喬 創造と純化」が、今日届きました。ぐっと抑えた装丁なのですが、アーツアンドクラフツらしいこだわりが見える装丁です。
読み始めたばかりですが、小川和佑先生でなければ書けない作家論の予感が、すでにしています。
No.150 Re: 辻井喬
[ 2008/12/31(Wed) 16:53:12 ] 西山正義 [ Home ]
僕はまだ手に入れていません。
ぐずぐずしている間に大晦日になってしまいました。
お年始までには間に合いませんね。
久しぶりのまとまった作家論ではないでしょうか。楽しみです!

No.147 加藤周一逝去 返信
[ 2008/12/07(Sun) 01:01:33 ] 五十嵐正人 [ Home ]
「一九四六・文学的考察」「マチネ・ポエティック」・・・。
学生の頃を思い出しました。
No.149 Re: 加藤周一逝去
[ 2008/12/31(Wed) 16:50:18 ] 西山正義
「一九四六・文学的考察」「マチネ・ポエティック」・・・と言って、どれだけの人がピンと来るでしょうか。
 井本君もつい先日のmixiの日記で、初対面の人と何かの拍子にそういう話になって、にわかに旧知の仲のようになって大いに盛り上がったということが書いてありました。
 だからどうだというわけではありませんが、多少青臭くなっても、文学の話を衒いもなく語り合いたいと、時々切に思います。

No.132 今の自分 返信
[ 2008/03/13(Thu) 23:29:35 ] おれ
かつて、ヨシトラマンの異名をもっていた僕ももう中1。
最近思うのはヨシトラマンの異名をもっていた僕と今の自分があったら
とゆうこと。
きっと「怪獣だ!」とかいって飛びついてくるだろう。
今の自分はなにをするのやら・・・・・・

No.1 掲示板を新調 返信
[ 2005/12/07(Wed) 19:05:29 ] 「西向の山」管理人
 突然ですが、掲示板を新調しました。
 当サイト「西向の山」では、従来、ホームページをアップしているプロバイダが用意している掲示板(つまり、@niftyの「メッセージボード@homepage」を利用していました。サイト正式オープン前の平成14年4月5日に設置し、以来3年8ヶ月使用していたわけですが、今年の春頃からスパム投稿が増え、これはどうも nifty ID アドレスのせいらしいので、廃止することにしました。
 まあ、うちの掲示板は、開設当初はともかく最近はたいして稼働しておらず、あってもなくてもいいようなものなのですが、サイトの窓口は閉鎖的なメール以外にも開いていたほうがいいと思いますので、一応設置しておきます。
No.2 Re: 掲示板を新調
[ 2005/12/07(Wed) 19:12:06 ] 「西向の山」管理人
とりあえず動作確認。返信してみます。
No.3 Re: 掲示板を新調
[ 2005/12/07(Wed) 19:15:46 ] 「西向の山」管理人
あれっ、この掲示板、誤投稿しても投稿者は削除も修正もできないのね。
No.4 携帯より
[ 2005/12/07(Wed) 22:11:23 ] 西を向く人
au携帯より投稿してみます。
No.5 Re: 掲示板を新調
[ 2005/12/07(Wed) 22:43:01 ] 「西向の山」管理人
 因みに、旧掲示板への皆様の書き込みは、HTML形式でダウンロードし、すべて保存してあります。過去ログとしてサイトにアップするまでもないでしょうから、管理人だけのメモワールとしておきます。




Password © 2004-2016 83net.jp